「ほっ」と。キャンペーン

オルセー美術館にて

a0317237_01513531.jpg

寒さがすこしずつやわらいできました。長いと思っていた冬もいつのまにか終わりが近づいています。うれしいやら、月日の経つはやさに驚くやら。

さて・・・
みじかい間に二度、オルセー美術館へ行きました。
いずれも子供のアトリエ(単発の教室)に息子が参加するためです。


a0317237_18414866.jpg

アトリエに親は同行しないので、私はひさしびりに館内を見学。大時計に近づいたのは二年半ぶり。


a0317237_18435866.jpg

セーヌ川対岸のルーヴル美術館が臨めます。もとは12世紀までさかのぼるルーヴル宮、今日まで何度も変貌してきた歴史の証人です。


a0317237_18452386.jpg

オルセーはずっと新しく、開館は1986年。
一月末まで30年を記念して、フランスや他国の美術館から作品が貸しだされていました。オレンジの札のがその一枚。サン・ラザール駅を描いたモネの作品が二枚並んで。


a0317237_05153706.jpg

この写真の日は午後だったので、団体旅行者がいなくて館内は穏やかでした。


a0317237_05154902.jpg

カップルが三組。旅行でパリへ来たのかしら。いいですね、ふふ。

印象派の展示室ばかり写っていますが、館内はぐるりと一周しましたよ。


a0317237_05181753.jpg

ちいさなバルコニーからの眺め。
ドーム型の高い天井とつきあたりの大時計は、オルセーが鉄道の駅だったころを思わせます。


a0317237_05211885.jpg

19世紀初め、この場所にはオルセー宮がありました。国務院などとして使われましたが、1871年のパリ・コミューンの際に火災にあいます。
のち1900年の万国博覧会の訪問者をむかえるために、鉄道のオルセー駅がつくられました。天井の装飾をまもるため、蒸気機関車はオーステルリッツ駅どまり。そこから電気機関車につなぎかえられてオルセーまで来ていたそうです。


a0317237_05261751.jpg

その後、長距離電車駅としての機能はなくなり、戦時中はドイツから帰還した捕虜の中継所として使われたことも。シャルル・ド・ゴール大統領の時代にあやうく取り壊されそうになったところを、歴史的建造物に指定されます。そこにルーヴルを補完する美術館をつくろうと考えたのは、ジスカール・デスタン大統領。その計画はミッテラン大統領に引き継がれ、1983年から1986年にかけて工事がおこなわれました。


a0317237_05274491.jpg

点在する彫刻と、ちいさく見える訪問客。オルセーはやはりこの開放感が好きです。


a0317237_05301609.jpg

こちらは5階のレストラン。大時計はきちんと動いているんですよ。針が分を刻むたびに、動いた!と息子。


a0317237_05314774.jpg

ここで食べたのは考えてみれば初めてでした。おいしいサラダでしたよ。


a0317237_05323029.jpg

オルセーやルーヴルはミュージアム・ショップがそれなりの大きさで、書籍も充実しています。ぱらぱらと眺めるだけでしばらく居られる。

子供のアトリエは一年中いろいろなテーマがあって、グループで館内の関連作品を見たあと、制作します。家では出来ないだろうなという作品をつくってくるし、何よりたのしいとのことなので、また参加するでしょう。

美術館という空間が好き、落ち着く・・・と改めて思ったオルセーでした。




[PR]
# by francana | 2017-02-21 07:00 | パリ散歩 | Comments(10)

曇り空のオデオン界隈

a0317237_23220943.jpg
パリの6区をぶらり。懐かしい界隈を歩くとほっとします。


a0317237_23231810.jpg
学生御用達のこの書店、外に並べられた本は安くなっているので、立ち止まってしばらく眺めるのが習慣。


a0317237_23314878.jpg
パリ第五大学(医学部)があるこの通り、左手の建物でサラ・ベルナールが生まれたそう。何度も前を通っているのに初めて知りました。


a0317237_23251832.jpg
以前はよく来たオデオンのシネマ。パリ市内に住んでいたら年間パスを買って映画館へ通うだろうな・・・
あれもこれも見たいけれど、「Fukushima mon amour」というタイトルが目についた。ドイツ映画らしい。


a0317237_23472291.jpg
四つの風という名のみじかい通りに並ぶ、貸し自転車のヴェリブ。


a0317237_23503762.jpg
サン・シュルピス教会横のここも、よく歩いたなじみの道。この日も奥のベンチでは食事中の人が。


a0317237_23521318.jpg
新聞や雑誌を売るパリのキオスク。
2019年までに約400店が新しいモデルに変わるのだとか。リサイクル可能な素材で作られ照明はLEDになるそう。携帯電話の充電設備などの機能もつけ加えられるらしいけれど、慣れ親しんだものが消えていくのはさびしくもあります。メトロの駅やバス停も、だんだん現代的に便利に変わりつつありますね。

文化情報誌のパリスコープがもうないとブロガーさんから聞いて驚いたのは最近のこと。これも時代の流れですね。


a0317237_00002177.jpg
150年の歴史があるモリス広告塔も、パリの風景の一部。
十年ほど前に200以上の塔が撤去されることになり論争を呼びましたが、そういえばパリ郊外などでグレーの新しいウィルモット広告塔を見かけるようになったような。市内ではどのくらいあるのでしょう。


a0317237_00431667.jpg
先日のルーヴル美術館(併設の商業施設)での事件・・・ 息子を連れて美術館へ行くことはめずらしくないので、なんともいえない苦い気持ち。

写真の日も、オルセーへ行きました。そのことはまた次回~




[PR]
# by francana | 2017-02-05 07:00 | パリ散歩 | Comments(22)

マンディアン

a0317237_05431745.jpg

寒くなるとチョコレートがいっそうおいしく感じるのは、私だけでしょうか。

フランスではマンディアン(mendiant)と呼ばれるこのチョコレート、どうして「物乞い」を意味することばが名前なのかしらと思っていました。


a0317237_05515028.jpg

伝統的にチョコレートのうえに載せていたものは四つだけだったそうです。
すなわちドミニコ会のレーズン、聖アウグスチノ会のヘーゼルナッツ、フランシスコ会のいちじく、そしてカルメン会のアーモンド。カトリックの四つの托鉢修道会をあらわしたもので、南仏プロヴァンス地方ではクリスマスに贈る古い習慣があるそうです。


a0317237_05530917.jpg

私の好きなものばかり、ダークチョコレートとドライフルーツとナッツの組み合わせ。とまりません(笑)。


a0317237_05552720.jpg

オレンジピールで、オランジェットも作りましたよ。

砂糖で煮たあと三日間、瓶のなかで漬けておきました。今回はすこし苦味が強いとおもったら、前回は砂糖をまぶしていたんですね。
それから観想する時間をもっと長めにすればよかったというのも反省点。でも、おいしくできました(笑)。


a0317237_18553941.jpg

(写真を一部小さくしました。)
前の記事でもすこし触れたけれど、常備している精油入りスプレー。冬には病気の予防も兼ねてしゅっしゅっ。奥は毎年冬に飲んでいるホメオパシーの薬で、週に一度摂るとインフルエンザが予防できるというもの。

いま息子の学校でインフルエンザが流行していて、欠席者が多いのです。こわいこわい、気をつけよう・・・ 日ごろのアロマセラピーとホメオパシーの効果がありますように・・・


a0317237_18513888.jpg

先日の朝。写真を見て気づいたけれど、50度まで計れるようになっているんですね・・・


a0317237_06053311.jpg
しつこいですがさいごにもう一枚(笑)。こちらは息子の作。ダークもホワイトもスター・ウォーズの型です。




[PR]
# by francana | 2017-01-25 07:00 | フランス生活風景 | Comments(26)

冬の必需品

a0317237_1852152.jpg

まいにち灰色の空。しとしと雨がやまないと思ったら、こんどは大寒波がやってくるらしい。
日が沈むのはすこしずつ遅くなってきたけれど、朝は(昼間も)まだ暗くて、からだが太陽不足を感じる今日この頃です。

寒くなると毎日、ティーツリーとユーカリプスのオイルを焚いています。スプレーも作って、でかける前にしゅっと吹きつけて。
ちょっとのどが痛いなと思ったらすぐにホメオパシーの錠剤を舐めると、たいてい治まります。朝はビタミンC補給に緑茶を。


a0317237_20243386.jpg

顔のクリームや化粧水は自分でつくるけれど(材料は買いますが)、ハンドクリームは市販のものに頼っています。成分を見ると、たくさんのものが少しずつ入っているんですね。
もともと乾燥肌の私、湿度のひくいフランスではかなりリッチなクリームでちょうどいい。ヴェレダのハンドクリームを寝る前にたっぷり塗っています。


a0317237_18541377.jpg

12月から紙を折ってばかりいたような気がする。白い窓飾りも、クリスマス前に作りました。
四角い折り紙みたいなのは、息子の誕生日会の招待状。無事に盛況のうちに(笑)おわって、ほっとしたところです。


a0317237_1934850.jpg

ガレット・デ・ロワの季節なので、誕生日ケーキはりんごのガレットにしました。ガレットというよりはタルトですね。パット・フイユテ(パイ生地)をグルテンフリーで作るの、いまだに成功していません(笑)。

王冠も当日の朝につくりました。子供たちへのお土産には、文房具のつめあわせと、つくったチョコレートを。写っているのは女の子用。


a0317237_1962971.jpg

遊びに夢中であまり食べないだろうと、ケーキのほかにはこれだけ。M&M'sで飾ったクッキー、出して次に見たときにはぜんぶ消えていた。
べつの週末に友達の誕生日会に呼ばれたときも、おなじのを焼いてすこし持っていきました。ガレットもクッキーも、いつものグルテンフリーで卵なしです。


a0317237_19741100.jpg

部屋のなかでぬくぬくと元気なヒヤシンス。手前の鉢は、息子がクリスマス前に学校で作ってきました。


a0317237_20354991.jpg

相変わらず、毎日のようにポタージュ。かぼちゃとかぶが意外に合うことがわかりましたよ。


a0317237_18442276.jpg

先日はとうとう雪が降りました。来週はかなり気温が下がるようです。寒さによって水が出なくなるとか電気が止まるとか、そういうのがいちばん心配(苦笑)。

日本でも大雪だとか。みなさまもどうぞお気をつけて・・・!




*
[PR]
# by francana | 2017-01-14 21:00 | フランス生活風景 | Comments(16)

Bonne année !

a0317237_1864393.jpg

ボナネ!あけましておめでとうございます。
2017年になりましたね。フランスではあっけなく新しい年がはじまってしまって、どうも実感がわかないのですが・・・
みなさまにとって明るく幸せな一年となりますように。

冒頭の写真は、クリスマスに焼いたチーズとバジルのクッキーです。次々に手が伸びてすぐになくなってしまいました。


a0317237_18550100.jpg

年末の30日から元日にかけて、窓の外はみごとに真っ白でした。雪が降ったわけではなくて、氷点下がつづいたためです。いまはもう凍っていた景色は溶けて、ただの灰色にもどってしまいましたけど(笑)。


a0317237_19193729.jpg

年末の食卓を載せましょうか・・・
クリスマスに食べたシャポン(去勢鶏)。低めの温度でじっくりと、ジューシーでおいしく焼けました。栗のピュレときのこを添えて。


a0317237_2274825.jpg

シャンパンを何本もあけて、ノエルはおだやかに過ごすことができました。
無事に終わってほっとした・・・と思ったら、家族が順に体調を崩して。そんなわけで大晦日の誘いもことわって家でのんびり(だらだら)していました。


a0317237_19205247.jpg

これもクリスマスのアペリティフ、ブーダン・ノワール(豚の血のソーセージ)とりんごのマフィン。クッキーもこちらも、グルテンフリーで卵なしです。
けっきょく行けなかった年末のパーティー用にもたくさん焼いてしまったので、冷凍。いますこしずつ解凍して食べています。


a0317237_221167.jpg

元日も特別なことはなく、野菜のポタージュなどで胃腸を休めました。フォアグラは食べましたけどね。一羽丸ごとの鳥類とともに、年末には欠かせない食材です。


a0317237_2253245.jpg

スモーク・サーモンとイクラもこの時期ばかりは売り場に山積み。
お節?・・・ 我が家は誰も食べないからと、作ったことがありません・・・ でも息子のリクエストでお餅だけは、煮ておいたあんこといっしょに食べましたよ。


a0317237_19185234.jpg

この冬の飾りは、りんごとシナモンにしました。いい香りです。クリスマスぎりぎりに作って、もう片づけてしまったツリーにもかけていけました。春までは部屋にのこしておくつもりです。


a0317237_22134692.jpg

今日から学校も始まって日常が再開しました。まいにち空が暗いし日は短いしで・・・すでに春が待ち遠しいです。


昨年はご縁あって、拙いブログにたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2017年がすばらしい一年となりますように!




*
[PR]
# by francana | 2017-01-03 21:00 | フランス生活風景 | Comments(32)

ノエルを待つパリ

a0317237_558192.jpg

あわただしい12月、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
先日、たくさんの「やること」の合い間をぬうようにしてパリへ。寒い曇り空のもと、ノートル・ダム大聖堂の正面入り口には控えめなツリーが立っていました。善良を意味する各国語の言葉が唯一の飾りです。


a0317237_18561281.jpg

息子といっしょにデパートのウインドーを巡りました。まずはプランタン。大きなビュッシュ・ド・ノエル!


a0317237_19353149.jpg

お菓子だけでできたウインドーなのです。こどもの夢ですね。


a0317237_19372790.jpg

今年はパジャマ姿の男の子と女の子が夢の国へ旅をする・・・というお話のようでした。


a0317237_20213726.jpg

クリスタルガラスだけのウインドー。青い光に照らされて、まるで氷の国。


a0317237_20221613.jpg

香水瓶がずらり。子供たちがよろこぶ正統派のかわいらしさはプランタンが得意。


a0317237_23352387.jpg

つぎはギャルリー・ラファイエットへ。
今年は真っ白な冬の世界。ホッキョクグマがパーティーの食事をしています。


a0317237_0195886.jpg

どこか紙細工をおもわせるようなつくり。


a0317237_0233826.jpg

白だけのウインドー、息子と私はとても気に入りました。


a0317237_0235630.jpg

店内の丸天井下の巨大ツリーも白一色。観覧車がまわり、ケーブルカーが動いています。


a0317237_0272173.jpg

1階(日本式2階)から。吹き抜けなのでどこからも見えるのです。


a0317237_0285455.jpg

さいごに左岸のル・ボン・マルシェへ。雪の玉が動いたりしゃべったり。


a0317237_0303717.jpg

となりの食品館ラ・グランド・エピスリー。昨年はおおきなツリーが立っていたけれど、今年は天井のシンプルな飾りだけでした。


a0317237_625755.jpg

灰色のパリが華やぐこの時期、レストランもクリスマスの装いです。


a0317237_622343.jpg

ノートル・ダム大聖堂の裏、ちいさな通りでみつけたサンタクロース。


a0317237_611197.jpg

恒例だったスケート・リンクが中止されたままのパリ市庁舎にも、シンプルなツリー群がありました。夜には光ってきれいなのでしょうね。

昨年のパリのクリスマスの様子はこちらです。



我が家ではプレゼントを包み終え(二時間もかかった・笑)、食事のメニューをようやく決めました。あまりにばたばたとしていて、明日はもうクリスマス・イヴだなんて信じられないくらい。当日は心穏やかにすごしたいものです。

みなさまも、よいクリスマスを!




*
[PR]
# by francana | 2016-12-23 07:00 | パリ散歩 | Comments(12)

12月のクッキー

a0317237_1703067.jpg

クリスマスまでたったの二週間!12月ほど時のたつはやさを感じる月はありませんね。
先日は息子といっしょにこんなクッキーを焼きました。チョコレートをつけたのは食べるほう。


a0317237_178596.jpg

飾るほうもいっしょにつくりました。いつのまにか顔がいくつも描かれていた(笑)。


a0317237_1713325.jpg

このごろ、黒豆茶をときどき飲んでいます。豆の香ばしいがたまりません。私はたいてい豆乳をいれて(なんて言うとぎょっとする人もいるかな・笑)、ミルク・ティーに。


a0317237_17162298.jpg

お茶をだした黒豆を使った、抹茶のケーキ。瓶詰めの栗もごろごろ入れました。
甘くない豆入りなんて私しか食べないので、これは自分用。バターが足りなかったか少しぼそぼそしてしまったけれど、まぁいいか(笑)。


a0317237_17294410.jpg

週末、息子といっしょにつくった紙テープのトナカイ。
ノエルの前にやりたいことがあれこれあるのに、仕事やらなにやらに追われてばかり。どうにかして時間をつくりたいけれど。


a0317237_17214281.jpg

でも今年はすでにプレゼントが揃ったので、それだけでもだいぶ気がらく。あとは包んで、当日のメニューを考えるだけ。
12月はクリスマスの準備だけに時間をつかえるならたのしいのに・・・なんて、毎年思っているような。


a0317237_17192022.jpg

学校は今週末からヴァカンス。パリのクリスマスのウインドー、今年も見に行くつもりです。




*
[PR]
# by francana | 2016-12-12 08:00 | フランス生活風景 | Comments(13)

チョコレートのドーナツ、フィルハーモニー・ドゥ・パリ

a0317237_17515898.jpg

あわただしくしているうちに、あっというまに11月さいごの日。
先日、おやつに作ったチョコレートドーナツ。あいかわらずグルテンフリーで卵なしです。


a0317237_17545222.jpg

しばらく雨がつづいて灰色の空に気分が落ちこんだけれど、今週からようやく青空がやってきました。それとどうじに本格的な寒さの到来です。


a0317237_17571468.jpg

今朝、窓辺の温度計は氷点下6度をさしていて、そとを歩けば鼻は真っ赤、手袋をしていても指がかじかんでしまう。
体があたたまるポタージュや鍋ものばかり食べています。手軽に野菜がとれるので、子供があそびに来たときにもたいていスープ。子供って、パンをまるめて玉をつくるのが好きですよね(笑)。




a0317237_1885389.jpg

芸術の秋をとおりこしてすでに冬ですが、先日は家族でクラシックのコンサートへ。昨年開館したばかりの、とおくからでも目をひく銀色の建物。パリ北東のシテ・ドゥ・ラ・ミュジックにある、フィルハーモニー・ドゥ・パリです。


a0317237_18102100.jpg

設計はジャン・ヌーヴェル。なかも曲線を多用した、心地よい空間でした。


a0317237_18323532.jpg

子供もたのしめるように工夫されたコンサートは一時間ほどで終了。コメディ・フランセーズ出身の若者ふたりが進行役。大人の私としては、ベートーヴェンをこまぎれにせず通して聞きたかったけれど(笑)。




a0317237_17585645.jpg

菜園でとれたポティマロンはポタージュのほかに、人参、さつまいもといっしょに、ベータカロチンたっぷりのピュレにしたり・・・


a0317237_1845446.jpg

かぼちゃをバルサミコ酢で味つけしたあたたかいサラダにしたり。胡桃を散らして。




a0317237_1817022.jpg

そういえば美術館へも行きました。


a0317237_18173245.jpg

このボッティチェリのフレスコ画は、フィレンツェ近郊の、トルナブオーニ家所有のヴィッラ・レンミにあったものだそう。すこしまえに読んだ、塩野七生の「銀色のフィレンツェ」をおもいだしました。ヴェネツィア、ローマとあわせたこの三部作、大好きです。


a0317237_182287.jpg

本でみた「モナ・リザ」を見たいという息子をつれて展示室へ。でも人だかりに圧倒されて絵どころではなかった(笑)。




a0317237_17531422.jpg

見た目はひどいですが、ご容赦を(笑)。なかにベリーを入れて、しっとりとおいしくできました。

甘いものをもっと載せようとおもったけれど、写真が多くなったのでこのへんで・・・

風邪をひく人がまわりにもふえています。今年もホメオパシーの薬を飲みはじめました。ティーツリーやユーカリプスのオイルをディフューザーでがんがんたいています。

みなさまも寒さにお気をつけくださいね。




*
[PR]
# by francana | 2016-11-30 07:00 | フランス生活風景 | Comments(16)

マロン・ショー、いつものりんごタルト

a0317237_182236.jpg

田舎でひろったという栗をたくさんもらったので、オーブンで焼き栗にしました。
フランス語ではマロン・ショー(marron chaud)。寒くなるとパリの道端でも売られます。


a0317237_18482.jpg

週末のパリの公園。


a0317237_183462.jpg

この日は無料の美術館で、お昼をテラス席で食べようとしたら、あまりに寒いので中へもどりました。


a0317237_1881211.jpg

冬でも外の椅子ですごすパリジャンたちも、なぜかこの日はいなかった。


a0317237_1864294.jpg

型なしタルト、しばらく四角いのばかりでしたが・・・


a0317237_1851191.jpg

先日焼いたりんごタルトは、ひさしぶりに丸くしました。なぜか写真が黄色いですね、すみません~
しょっちゅう焼いているので、生地のあつかいにもはじめのころよりさすがに慣れた。きれいでないのは相変わらず(苦笑)。


a0317237_1871289.jpg

りんごを5、6個使って、冷凍のベリーを散らしています。生地の黒いつぶつぶは、きな粉に入っている黒すりごま。


a0317237_1892125.jpg

おいしさは茹で栗のほうが勝るけれど、マロン・ショーは手で皮をむけるのが手軽でいい。ハート型の甘い小さな栗、毎日ぱくぱく食べています。




*
[PR]
# by francana | 2016-11-09 07:00 | パリ散歩 | Comments(16)

冬時間

a0317237_2494535.jpg

ご無沙汰しております。
日曜日からとうとう冬時間になりました。この日ばかりは一時間得した気分。


a0317237_2523216.jpg

先月、フランス語で「ブリュッセルのキャベツ」と呼ばれる芽キャベツがで始めたころ、野菜のクランブルに。使ったのは、米粉ととうもろこし粉など。ブイヨンを足したほうがしっとりしてよかったなとあとで思いました。


a0317237_2501950.jpg

9月の半ばに菜園で採れたかぼちゃ。こぶりのポティマロンです。その後も花が咲いたのでほうっておいたら実がついたけれど、日照不足のせいかちっぽけなまま色づいています。食べられるまでになるのかしら。


a0317237_2525972.jpg

菜園のトマトとズッキーニはさすがに終わってしまい、もう片付けました。
ズッキーニは10月になってからも採れたので、こんなポタージュを何度もつくりました。じゃがいもと玉ねぎとあわせてすこし水を足すだけの、乳類は入れないどろりとしたスープ。


a0317237_2532233.jpg

人参とかぶのポタージュ。これもぼってりした濃いもの。野菜の甘みがおいしいです。




a0317237_2535433.jpg

読書の秋というわけではないけれど、最近読んだ本。
「Un Secret(ある秘密)」と、「Dora Bruder」はつづけて一気に読みました。どちらも、ナチス・ドイツ占領下のフランスでユダヤ人になにがおきたかが描かれているもの。厚い本ではないけれど、その重さがずっしりとからだにこたえました。

グランベールの自伝的な「Un Secret」。15歳で家族の秘密を知る「私」が大人になってから検挙されたユダヤ人たちの記録をたどる。それは「尋常でない現実の重み」、と書かれています。

「Dora Bruder」のほうは、モディアノの小説家らしい鋭い想像と、自身の体験とが、実際の記録とあわさった巧みな構成。いまもあるパリの通りや郊外の町が、いまでは信じがたいおそろしい史実の舞台でした。淡々と語られますが、読み進めるにつけ胃がしめつけられるような感覚が。
「それまであなたが考えたこともなかった、そしてほんとうの自分とはかけはなれている、おかしなカテゴリーに当てはめられてしまう、理由も知らされずに」。

おなじくモディアノのもう一冊は、え、ここで終わるの?とおもわずつぶやいてしまった、不可思議な後味のある小説。どなたかに解説してもらいたい(笑)。


a0317237_2543079.jpg

こちらもすこしまえに読み終えた小説、英語の原題は「The Light between Oceans」。一月だったか書店で見かけて覚えていたのですが、いつのまにか表紙が変わっていて新版に。映画化されたようですね。

フランス語の本はたくさん読まない私、500ページ以上の長編は「Suite Française」以来でした。本を読んで泣くことはほとんどないのだけど、終盤は涙がとまらなかった。夫婦の、親子の絆とは・・・ 生活や自然の描写も映画的でうつくしいです。




a0317237_2545964.jpg

学校が秋のヴァカンスだったあいだ、パリのグラン・パレで開催中の「エルジェ展」へ行ってきました。


a0317237_2552532.jpg

生き生きとした手書きのデッサン。膨大な資料のなかには、未完におわった「タンタン」の下書きもあって人だかりができていました。


a0317237_256550.jpg

絵を描くのが好きだった少年時代から、すぐれた広告デザイナーでもあったこと、バンド・デシネ(コミック)において革命的であったこと、戦時中の連載など、私ははじめて知るエルジェでした。


a0317237_2564055.jpg

なにより印象的だったのは、小学生から年配の人まで、じつに幅広いひとが熱心に見ていたこと。何十年経っても色あせず、愛されているのですね。


a0317237_259028.jpg

充実した展示に、「タンタン」を何冊も読んでいる息子もおおよろこびでした。




a0317237_2504715.jpg

私はなにもする気がないハロウィンでしたが(笑)、ちいさな子供たちは仮装して村の家をまわっていました。うちのインターホンも何度鳴ったことか。写真は息子がもらってきたカラフルなボンボン(飴やキャラメル)。


a0317237_2513228.jpg

11月1日の諸聖人の祝日、おとずれた墓地は菊であふれて花畑のよう。それをみまもるかのように、ひさしぶりに青空がひろがった日でした。


a0317237_2521458.jpg

ナッツと乾燥いちじくが余っていたので、チョコレートでつつんでおやつに。毎日食べていたらもうなくなってしまったので、またつくろうと思っているところ。


今朝の気温はマイナス2度、いっそうさむくなってきました。太陽が貴重な季節のはじまりです。

とりとめのない記事、さいごまで読んでくださってありがとうございました!



*
[PR]
# by francana | 2016-11-03 07:00 | フランス生活風景 | Comments(12)