ひさしぶりのクレープ、クッキーレシピ改訂版(2)

a0317237_2113855.jpg

週末からがくんと気温が下がって、本格的な冬がはじまりました。朝は氷点下、昨日は雨も風も強くて泣きそうな天気でしたよ・・・

さて、ひさしぶりにクレープを焼きました。息子は大よろこび。
今回の粉は、コーンスターチのほかに、米、大豆、雑穀などを混ぜました。


a0317237_2114610.jpg

ハムや野菜などで食べたあと、私は豆乳クリームとはちみつで。息子は、はちみつかヌテラが定番。
さくっとしてやわらかくて、やっぱりクレープっておいしいですね。
小麦やそば粉のクレープの食感を忘れつつある私です・・・(笑)


グルテンフリーのクッキーのレシピ、またすこし改善してみました。毎回が試作みたいなものですが(笑)、これはおすすめです。


a0317237_212255.jpg


じゃがいもをいれないで作ってみたら、よりいっそう軽く、さくさくになりました。当たり前か(笑)。
形を保てないか心配したのですけれど・・・うまくいきました。ひと手間はぶけるし、今後はこれで作ろうと思います。


私のクッキーのレシピ、改訂版(2)
直径5cmくらいの型で約40枚分

1) 粉210g(コーンスターチ50g、きなこ10g、グルテンフリーの粉150g(ひえ粉、大豆粉、ひよこまめ粉、米粉などを3種くらい))、チョコレートパウダー適量をまぜておく。
2) きび砂糖65gと、乳糖なしマーガリン65g、なたね油少々をまぜる。
3) 1)に、2)を入れて、切るようにまぜる。
5) 刻んだダークチョコレート適量と、刻んだくるみ(またはほかのナッツ)片手一杯くらいを混ぜる。
6) 豆乳をほんの少しずつ加えて、手でつぶすようにまぜ、べたつかない程度の硬さにする。
7) オーブンシート2枚のあいだに生地をはさんで、上から麺棒で5mm程度の厚さにのばす。
8) 型で抜き、175度に余熱したオーブンで15~16分程度焼く。

生地はくっつきやすいので、上記のようにオーブンシートにはさんで伸ばすことをおすすめします。


a0317237_2121267.jpg


じゃがいもを入れたクッキーを比べると割れやすいですが気になりません。翌日もさくさくのままでおいしいですよ。

寒くなってくるとチョコレート味がほしくなります。チョコレートでなくても、お好きなものを入れてくださいね。


*追記

あれこれ粉を集めずとも、コーンスターチ50%、米粉30%、アーモンド粉20%という組み合わせでもおいしく焼けます。
常備しているクッキーの写真はこちらにも載せました。





前回の記事、コメントありがとうございました。
迷いましたが書いてみてよかったです。
人生なにが起こるかわかりませんから・・・一日を大切に、人との縁を大切に、を心がけたいです。




[PR]
by francana | 2015-11-25 07:00 | フランス生活風景 | Comments(12)
Commented by M at 2015-11-25 08:23 x
このクレープを積み上げるの懐かしい光景です。
パリに住んで居た頃、留学苦学生だったので、パティスリーにお菓子を
買いに行けず、ルームシェアしていたフランス人の子とクレープ焼きまくっていました!
クレームマロン、スプレー式の簡単、生クリーム、ヌテラ、コンフィチュールで食べてましたよ。
豆乳クリームもヘルシーで美味しそうですね。
お花のクッキー、レシピ付きで嬉しい!美味しそう。
クッキーの入ったボウルが素敵で、気に入りました!いいなぁ。

そちらも氷点下ですか!寒いですね。
もっと寒い話しを・・・、週末から北海道は、冷え込み稚内の沼川(ぬまかわ)では、
氷点下12度を記録しました!
で、旭川では、30cmもの積雪を記録しました!驚きでしょ!
稚内も草原が雪原になりました!
Commented by strawberryfield_b at 2015-11-25 13:33
こんにちは♪francanaさん
クレープ、息子さんの大好物なんですね~(^^)
小麦粉やそば粉以外で
いろいろ試行錯誤されていつも感心して拝見しています。
お母さんの愛情たっぷりのレシピで息子さん幸せですね(^^)
新しいレシピの改善が次々とできて息子さんの笑顔がますます
増えますね~♪
Commented by hairpriori at 2015-11-25 21:08
これは
娘にも食べさせてあげたいです

氷点下でも
パリなら
我慢出来ます^^
Commented by nararanran at 2015-11-25 21:54
こちらのページブックマークにぽちっとしちゃいました(^^ゞ
こんど作らせてくださいね♪
うっしっし~冬の寒い日の楽しみがいっこ増えました。
Commented by kaorainne at 2015-11-26 10:55
薄いクレープ、おいしそうですね。
小麦やコーンスターチで作るものとは全く食感は異なりますか?

ヌテラはフランスでも一般的なのですね。
マレーシアでもあちこちで見かけます。

グルテンフリーのクッキー、サクッとした感じがお写真からも伝わってきますよ。
レシピも普段私が使わないものばかりでとても新鮮です。
お花型も可愛い♪
最近型抜きクッキーが面倒で棒状にしてカットしてしまうことが多いですが、
ちょっとした手間は惜しんではいけませんね。
Commented by francana at 2015-11-27 02:21
>Mさん
何十枚も焼いて、ふきんをかけておいたりしますよね。
留学時代の思い出のひとつが、ルームメイトとのクレープだなんて素敵です。
私もこの日、栗クリームで食べましたよ~
スプレー式の生クリームは、フランスへ来て初めて見ました。
乳糖なしのも売っているらしくて探しているんですけど、ビオの店にもないんですよねぇ。
クッキーが入ったボウル、ありがとうございます、イギリスのアンティークなんです。
氷点下12度に、もう30cmの雪ですか!聞いただけでぶるぶる震えてしまいそう(笑)。
あたたかくしてお過ごしくださいね!
Commented by francana at 2015-11-27 02:24
>noyuriさん
そうなのです~ 巻いたり包んだりして食べるのもたのしいみたいですね。
グルテンフリーのレシピというと卵が使われていることが多くて、
その点が工夫のしどころなのです。
このごろ私自身もグルテンをほとんど摂っていないので、
自分のおやつとしても、もっとおいしく・・・と思ってあれこれ試しています(笑)。
Commented by francana at 2015-11-27 02:27
>とーちゃんさん
まぁうれしいです~!
クレープやガレットパーティー、ご自宅でもできそうですね。
パリ時代、冬には石畳から冷気が這いのぼってくるような気がしたものです。
そんなのもいい思い出のひとつです(笑)。
Commented by francana at 2015-11-27 02:29
>らんさん
うれしいです~!
クッキーのほうは、紅茶やコーヒーによく合うと思います。
私はもっぱらハーブティーか、豆乳ホットチョコレート・・・ですけど(笑)。
クレープはわいわい食べるのもたのしいですね。
Commented by francana at 2015-11-27 02:35
>kaorainneさん
かりかりして、同時にやわらかくて、自画自賛ですがおいしいですよ(笑)。
小麦粉やそば粉のものよりも、厚めで、ふんわり感がつよい気がします。
ヌテラ、こちらでも子供は(大人も・笑)誰でも好きですよ~
でも最近は、ノワゼット(ヘーゼルナッツ)アレルギーのお子さんも増えているようです。
クッキーの食感、伝わりましたか?うれしいです。
グルテンフリーだと生地を冷やせないので、伸ばして型抜きになりますね~
お花の型はいちばんよく使いますけれど、他にもいろいろなかたちがあって、
気分で変えてたのしんでいます。
Commented at 2015-11-28 01:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by francana at 2015-11-28 02:54
>鍵コメさん
はじめまして、ご訪問ありがとうございます。
クレープはふんわりしていて自分でも気に入っているもののひとつです。
ひよこまめ粉はわりと合わせやすいですが、どちらかというと甘くないレシピ向きかなという気はします。
いろいろな粉を混ぜると、ひとつのクセが強く出すぎないので、たいていそうしているんですよ~
<< グルテンフリーのブリゼ生地のレシピ 一週間がすぎて >>