曇り空のオデオン界隈

a0317237_23220943.jpg
パリの6区をぶらり。懐かしい界隈を歩くとほっとします。


a0317237_23231810.jpg
学生御用達のこの書店、外に並べられた本は安くなっているので、立ち止まってしばらく眺めるのが習慣。


a0317237_23314878.jpg
パリ第五大学(医学部)があるこの通り、左手の建物でサラ・ベルナールが生まれたそう。何度も前を通っているのに初めて知りました。


a0317237_23251832.jpg
以前はよく来たオデオンのシネマ。パリ市内に住んでいたら年間パスを買って映画館へ通うだろうな・・・
あれもこれも見たいけれど、「Fukushima mon amour」というタイトルが目についた。ドイツ映画らしい。


a0317237_23472291.jpg
四つの風という名のみじかい通りに並ぶ、貸し自転車のヴェリブ。


a0317237_23503762.jpg
サン・シュルピス教会横のここも、よく歩いたなじみの道。この日も奥のベンチでは食事中の人が。


a0317237_23521318.jpg
新聞や雑誌を売るパリのキオスク。
2019年までに約400店が新しいモデルに変わるのだとか。リサイクル可能な素材で作られ照明はLEDになるそう。携帯電話の充電設備などの機能もつけ加えられるらしいけれど、慣れ親しんだものが消えていくのはさびしくもあります。メトロの駅やバス停も、だんだん現代的に便利に変わりつつありますね。

文化情報誌のパリスコープがもうないとブロガーさんから聞いて驚いたのは最近のこと。これも時代の流れですね。


a0317237_00002177.jpg
150年の歴史があるモリス広告塔も、パリの風景の一部。
十年ほど前に200以上の塔が撤去されることになり論争を呼びましたが、そういえばパリ郊外などでグレーの新しいウィルモット広告塔を見かけるようになったような。市内ではどのくらいあるのでしょう。


a0317237_00431667.jpg
先日のルーヴル美術館(併設の商業施設)での事件・・・ 息子を連れて美術館へ行くことはめずらしくないので、なんともいえない苦い気持ち。

写真の日も、オルセーへ行きました。そのことはまた次回~




[PR]
by francana | 2017-02-05 07:00 | パリ散歩 | Comments(22)
Commented by BBpinevalley at 2017-02-05 06:46
なんだか、パリ散策にご一緒したような気分になりました。
Fukusima mon amour?
昔、Hiroshima mon amourという映画がありましたよね。
キオスク、あるものを壊さなくても良いように思いますが…
相当古びているのかしらね〜
ルーブルでの事件、大事に至らなくてよかったです。
私もアメリカでは、人の多いところに行くのが不安です。
でも、どうしてこう成ったかという、根っこのところを考えて欲しいですよね。
でないと、火に油。

↓チョコレート、とっても綺麗!
私も作ってみたいです。
Commented by Qtaro-mama at 2017-02-05 06:54
まさしく私が最近ウロウロしてるエリアです。今週も写真に写ってるMK2の前にあるUGCに行ったばかり。
写真の色は変えてあるのでしょうか?それとも曇り空なので、全てこういう色?

フクシマモナムールの監督さんの作品、日本を舞台にしたのを1本だけ見たことありますが、それもとても良かった。今回のも楽しみにしてます。
Commented by M at 2017-02-05 07:46 x
『曇り空のオデオン界隈』映画の様なタイトルで素敵ですね。
そして、オデオン界隈を素敵に切り撮った写真がいいです!
この辺、住んでたいた時、よく行きました。
そこの映画館でよく映画も観ました。
この近くに友達が住んで居ましたから、頻繁に通っていたなぁ。
懐かしいです。ありがとう!

フランス2のニュースを見て、ルーヴルの事件を知り、
私もパリでは、よく行くところなので、人ごととは思えなかったですよ。
Commented by oz55mama at 2017-02-05 11:54
francanaさん こんにちは

どんよりした景色も、おしゃれに映るのはさすがフランスと思ってしまいます。
たくさん並んだ本も、眺めていたら楽しいだろうなぁ^^
↓のチョコレート、きれいですね。まるで絵画のようです。お味はもちろん美味しそう^^
見た目も素敵なチョコ。これが手作りだなんて、日本人のチョコレートとの
付き合いとは、違いますね。歴史を感じます。
冬場のハンドクリーム、必需ひんですね。オリーブオイルとミツロウで
手作りしたものを、使ったりしていたのですが
この冬は、姉にすすめられた馬油を使ったら、保湿力が凄いです^^
なかなか手に入らないというのを分けてもらたのですが
おかげで、足も手もすべすべ^^
寝る前にケアするのって、大切ですね^^
Commented by hairpriori at 2017-02-05 16:23
パリの街は
やはり何処見ても
素敵ですね

ルーブルの事件
被害者が出なくて
良かったですね
Commented by teineinakurasi at 2017-02-05 16:56
パリのオデオン界隈は
想い出の街なんですね^^
冬のパリの街並みの写真や
francanaさんの文章を読みながら
改めて、パリは、歴史があちらこちらで
感じられるんだなと、実感しました。
サラ*ベルナール
ミュシャのポスターで有名な舞台女優ですね。
もうすぐ、日本でもミュシャ展が六本木で開催されますが
今回は華やかなパリ時代でなく、
祖国のボヘミアンの絵が主体になるようです。
フランスらしいキオスク
これも変わってしまうのですか。
美しい街並みにぴったりなのに残念。
なんだか寂しいですね。
そしてルーブル美術館のような観光地まで
あのような事件が起こるなんて
今年は、アメリカでリーダーが変わり
ヨーロッパもいろいろな問題を抱えて
これからの世界情勢、混沌としてきて
先が読めない時代になりましたね。
Commented by francana at 2017-02-05 18:49
>BBpinevalleyさん
Hiroshima...ありましたね~アラン・レネでしたか。見ていないのですけれど。
キオスク、地球環境にいいものを、もっと便利なものをという目的はわからなくもないのですが・・・
いつか古い写真でしか見られなくなってしまうと思うと寂しいですね。
問題の根っこ、いつになったらなくなるのでしょうか。
パリでは軍隊の警備が普通になり荷物検査にも慣れましたが、ふと気が重くもなります。
チョコレートのマンディアン、とっても簡単ですよ!
Commented by francana at 2017-02-05 18:57
>Qtaro-mamaさん
そうなんです、写真はすこし加工してあります。たしかに曇りふうですね(笑)。お向かいのUGCもよく行きました~
ママさんはシャンポまでも歩いて行ける距離なら、このあたりの映画館を網羅できますね。
リュクサンブール公園の横にあるちいさな、その名もなんとかリュクサンブールという映画館で、「隠し剣鬼の爪」を見たことを思い出しました。あの映画館はまだあるのかしらん。
この監督さん、日本を舞台に他の作品も撮っていたのですね~ さすがよくご存知。
それならこの作品も期待できますね。いつか見られるかしら・・・
Commented by francana at 2017-02-05 19:05
>Mさん
Mさんもこの界隈、よく行かれたのですね。見ていただけてよかったです。お友達が住んでいたのですか~
映画館がたくさん集まったエリアですよね。ここで何を見たなと、ふと思い出すこともあります。
ただでさえ入場者数がおちこんでいたルーヴル、
今日は第一日曜日で無料の日ですが、どれだけの人がいるのかなと心配になりました。
Commented by francana at 2017-02-05 19:35
>ひつじさん
灰色の空も似合うのがパリですね。私は青空のほうが好みですが(笑)。
本は読むのもそうですが、眺めるのが好きなのです。
ここは写真集や美術書なども並んでいるので、ぺらぺらとページをめくってつい長居を・・・
マンディアン、恥ずかしいくらい簡単なおやつです(笑)。
好きなものを載せられるのでたのしいですし!
ひつじさんはハンドクリームも手作りされていたのですか~
オイルをたっぷり塗ってビニールの手袋をはめ、しばらくお湯につけると手の潤いがもどるとか。
馬油にもいろいろあるのでしょうね。冬の外仕事などには欠かせないですよね、クリーム。
Commented by francana at 2017-02-05 19:40
>とーちゃんさん
ひさしぶりにこの辺りを歩けて、うれしかったです。
ルーヴルは昨年から日本人観光客が激減していると、事件のあとで改めて言われていました。
もう何も起きないでほしいです・・・
Commented by francana at 2017-02-05 20:10
>sakuraさん
ついこの辺りに足が向いてしまいます。逆にほかの地区は詳しくないんですよ(笑)。
ミュシャのポスターを私も思い浮かべました。彼は日本で人気がありますね。
私はミュシャはよく知りませんが、その展覧会は一味違ったものになりそうですね。
バス停などがきれいになって便利なのはたしかなのです。
世界一の観光都市という面からも、よいサービスを提供しようということなのかもしれません。
ただ、古き良きものが消えてしまうのは残念です。
時代は良くも悪くも移り変わっていくものですね・・・
Commented by 40ansparis at 2017-02-05 22:35
暫くパリでは何も起きないかな、、と思っていたのですが、やはり起きてしまいましたね。ますます、今度は美術館などもまた集客に苦労するのでしょうね。⬇︎のマンディアン、私も意味は何故かな?と思いつつ、仕事場にもあるので何も調べようともせずにいました。
教えて頂いて勉強になりました。本来はイチジクが本当なのですね。今はどのショコラティエでもイチジクよりオレンジピールになっていたり、ピスタチオになっていたりしていますよね。
お家でこんな風に好きな具を乗せて、、なんてとても贅沢に感じます。
最近私は逆に甘いのがフェットシーズンの後ですし、いつも仕事場にあるのでちょっとJ'en ai marrer ...でしょっぱいおやつばかり食べています、笑。
呑気に何処でも気楽に歩けるパリの街でいて欲しいものですね。
Commented by francana at 2017-02-06 01:31
>ラパンさん
また起きてしまいましたね。怖いというのもありますが、困ったものだ、いい加減にしてほしいという気持ちです。
マンディアン、ありますか。お店のものはチョコレートや具の質も違いますからずっとおいしいでしょう。
私なんかは温度管理などもめちゃくちゃだと思うので(笑)。
オレンジやピスタチオやフランボワーズなどは色が鮮やかで、見映えがするということなのでしょうね。
しょっぱいおやつ、いいですね~ 日本人は甘くないおやつでも抵抗ないですしね。
街そのものは変わっていなくても、以前はもっと気持ちがのんきだったなぁと、この散歩の日も思いましたよ。
Commented by bayswater92 at 2017-02-09 04:26
こんばんは!アンです。
写真集を見ているような、素敵な写真ばかり・・!
パリはどこを撮っても絵になるんだろうけど、
francanaさんのセンスがとっても好きです。
便利になっていくのもいいけど、古き良きものが
失われていくのもちょっと寂しいですよね。
Commented by francana at 2017-02-09 18:23
>アンさん
いえいえそんな(笑)、ありがとうございます~
都市開発は古い町並みとの調和がいつも論点になりますね。
パリではルーヴルのピラミッドなどがその例ですけれど。
汚いパリ(笑)がきれいになっていくのは歓迎ですが、うまい方法でやってほしいですね。
Commented by arare719 at 2017-02-10 22:40
こんばんわ☆

今日は日本列島は寒波に見舞われ、雪で白く覆われたところ多くあります。異常気象です。
オディオン、2年前に宿泊したところですが、まだレアールやサンジェルマン方に眼が向いてた時期だったので
こんなアカデミックな街だったこと知りませんでした。ただホテルの近くで石膏のデッサンを描いている教室があって、
覗いていると、先生が、君も描いていきなさいって、言われたことを覚えています。美術に関心にある街なのかなと。
パリ23区、この機会に勉強したいと思うのですが、間に合うかな…。

francanaさんの写真やお菓子、ただ綺麗だけではなく意思を感じますよ。強さも兼ね備えて…パレットに。だから人を惹きつけるのでしょうね。

ルーブルの事件、またか、と思いました。人の多く集まるところはターゲットになりやすいので、気をつけて。
Commented by francana at 2017-02-11 19:40
>arareさん
二年前にもパリへいらしたのですね~
パンテオンの辺りからこの界隈にかけては大学が多く、街には学生があふれています。
私はそれがなぜか落ち着くのです。
石膏デッサンの話、旅のいい思い出のひとつですね。
オデオンからセーヌ川までの間には画廊が連なり、ボーザール(美術学校)もあるので、そうした教室も多いのかもしれません。
写真、そうでしょうか・・・(笑) そんなふうに思ったことがないので照れくさいです(笑)。ありがとうございます!
Commented by akicosmosA at 2017-02-14 18:46
オディオン散歩するのも好きな場所です。
初めて行ったときソルボンヌ大学のそばにあったホテルに滞在していつも歩いてオディオンからメトロに乗って~^**
庶民的な感じも好きです。
毎年寄りたくなるところですでに懐かしく胸キュンでした。
チョコすごいです!美味しそう!
Commented by francana at 2017-02-17 02:03
>こすもすさん
こすもすさんも、この辺りお好きなのですね~
本屋さんの写真を拝見したこと覚えていますよ。
賑わいのなかにほどよい落ち着きがあって、便利な場所ですよね。
私は個人的に思い出がよみがえってきて、なんとも懐かしい場所なのです。
チョコレートといえば、ヴァレンタイン・デーでしたね。忘れていました~(笑)

Commented at 2017-02-18 20:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by francana at 2017-02-21 04:31
>鍵コメ2017-02-18 20:55さん
確認が遅れてすみません!そちらへ伺いますね。
<< オルセー美術館にて マンディアン >>