パリ6区あたり

a0317237_17040817.jpg


先日、ふたたびオルセー美術館へ行きました。
空を指差す天使たち、うち二人は洗礼者ヨハネの彫像です。


a0317237_17040821.jpg

6月の週末は、観光客でいっぱい。

この日は企画展「Au-delà des étoiles(星々のむこうへ)」を見に。19世紀終わりの風景画を中心にした、自然の神秘性をテーマにした興味深いもの。
会場の壁には、ボードレールの「自然はひとつの神殿・・・」から始まる美しい詩が引用されていました。


a0317237_17133351.jpg

ポスターになっているヴァン・ゴッホの絵は、アムステルダムのゴッホ美術館から。私が行ったのはいつだったか・・・オランダとベルギーで美術館ざんまいの、気楽なひとり旅が懐かしい。


a0317237_17040833.jpg

子供たちのグループに遭遇。息子もこのなかに混ざっています(笑)。子供向けのアトリエは、前半に授業のように見学できるのがいいと思っています。


a0317237_17040785.jpg

常設展示。
オルセー美術館は何度来たか分からないくらいですが・・・訪れるたびに作品の良さを再発見。


a0317237_17040868.jpg

お昼ごはんを食べたテラスからは、セーヌ川と右岸の景色が望めました。


さて、別の日。今月はじめのリュクサンブール公園。


a0317237_06023888.jpg

日本からいらしたブロガーさんとパリを歩きました。急におかしなくらい寒くなった日で、あわててコートを出したくらい。公園は閑散としていました。


a0317237_06044003.jpg

晴れ時々くもりと大雨というおかしなお天気で、リュクサンブール宮殿に近づくころには、灰色の雲が迫ってきました。幸いこのときは降りませんでしたけれど。


a0317237_06061640.jpg

お昼ごはんは伝統的なメニューが黒板に書かれた、ふつうのビストロで。


a0317237_06071837.jpg

前を通るたびに撮りたくなる花屋さん。


a0317237_06075571.jpg

このかわいらしいのはと思ったら、紫陽花の一種なのですって。


a0317237_06122851.jpg

高級デパート、ボン・マルシェの食品館にも立ち寄りました。トマトの種類とディスプレイはさすが。
arareさん、短い時間でしたがパリを楽しんでいただけたでしょうか~


a0317237_06112565.jpg

シェルシュ・ミディ通り。

今週は全国的に暑くなり、35度まであがる予報。5月までストーブをつける日があったとはいえ、けっきょく今年は暑い日が多いです。




[PR]
by francana | 2017-06-19 08:00 | パリ散歩 | Comments(18)
Commented by BBpinevalley at 2017-06-19 19:20
ちょっとご無沙汰してしまって、選挙のあたりから読ませていただきました。
いつも本当に美味しそうで綺麗なお料理。
写真も素敵。

マクロンさんになって良かったですね。
ホッと安心しました。
選挙後も調子が良くて、マジョリティーを取ったのですよね。
アメリカもなんとかして欲しいです。
早くトランプを追い出さないと、大変。
Commented by M at 2017-06-20 09:09 x
わぁ、この散歩コースいいですね。
オルセー美術館から6区の辺りをビストロや
シェルシュ・ミディ通り、楽しいですね。
マミー・ガトーのお店がモノクロで素敵です。
私は、ポワラーヌのパンをよく買いに行っていたので
懐かしいです。あそこのクッキーも大好きです。
ボン・マルシェのトマト種類豊富ですね。全部、食べてみたいです。
お花屋さんも素敵ですね。
私もふらっと一人でパリの街を散歩したいです!
Commented by boheme0506image at 2017-06-20 13:30
francanaさん、こんにちは~♪
もう天井のアーチからして素敵すぎる。
オルセーはもちろんのこと、ルーブルすら行ったことがなくって・・・
お友達がいらしていたのですね。
私も、ふつうのフランスらしいビストロがいいです。
語学力さえあれば・・
描かれた黒板メニューですら、日本在住の者からみたら
すべてがお洒落に見えるのです。
私も紫陽花かなぁ~って思ったんですけど・・・
フランスでも今あちこちで咲いているのかなぁ。
日本は今紫陽花一色って感じです。
このデパートやマルシェの野菜や果物の箱、
これもお洒落ですものね。
日本の雑貨屋さんでは、これやバターの箱とか
カフェのお砂糖など、販売しているのを見ます。
ディスプレーはさすがですね。
もし、アパートとかで数日滞在だったら
スーパーやマルシェでのお買い物が楽しいのに。
Commented by francana at 2017-06-20 17:26
>BBpinevalleyさん
毎回写真が多くて長い記事を遡ってくださって、ありがとうございます。
夏が近づいて、外で写真を撮るのがたのしい季節です。
棄権率50%以上という記録で、国民議会の選挙が終わりましたね。
課題山積のマクロン氏、国民との信頼関係をつくれるでしょうか。
そちらは秋も深いですね。一年というのはあっという間です。
Commented by francana at 2017-06-20 17:34
>Mさん
いつも変わりばえのしない地区でごめんなさい(笑)。そう仰っていただけてうれしいです。
ポワラーヌへよく行かれていたのですね。袋入りの素朴なクッキー、おいしいですよね~
シェルシュ・ミディだなんておもしろい名前だなぁと毎回思いますが、何だかんだと通ることが多いです。
おいしいレストランもけっこうあるようですね。
散歩がたのしい季節です~
Commented by francana at 2017-06-20 17:43
>さおりさん
この日はオルセーでアメリカ人の若い女性をたくさん見かけました。ショートパンツを履いて、実にたのしそうでしたよ。
言葉がまったく分からない国にしばらく行っていないので、脳みそが鈍っているような気がします。
若いときは怖いもの知らずでどこでも行ったんですけど(笑)。
紫陽花が村でも咲いていますよ。こちらはピンク色が主流です。
野菜の箱が売られているのですか?お値段が気になります(笑)。所変われば・・・ですね。
暮らすような旅のしかた、増えてきていますね。大急ぎで名所だけ回るなんてもったいないですもの。
Commented by marucox0326 at 2017-06-20 19:33
こんにちわ。

ルーブル美術館よりオルセー美術館のほうが興味があります。
私が訪れた時はどこもおやすみでしたが^^;

そしてこのポスターの絵のように、ゴッホは黄色と青の色遣いの絵画を
たくさん残していますよね。なかでも「夜のカフェテラス」が大好きな私です。

オランダやベルギーで美術館三昧・・・羨ましい。
いつか本物を見たいと願っているんですが、
大好きなブリューゲルもご覧になったのかしら?

素敵なお花屋さん、やはり向こうのあじさいはゴージャスですね。

海外でもいつも駆け足で名所めぐりに終わっている私ですが
いつか私も小さなアパートを借りて暮らすように旅したいです。

お友達のブロガーさん、francanaさんのアテンドで
きっと楽しまれたことと思いますよ^^
羨ましいな~
Commented by francana at 2017-06-21 14:58
>marucoxさん
閉まっていたと仰っていましたね~ 残念でした。
ゴッホの黄色と青、たしかにそうですね。
同じ色調の、彼の「ローヌ川の星降る夜」(オルセーの所蔵品ですが)も展覧会に出されていて、すいこまれるようでしたよ。
あのひとり旅はだいぶ前のことで懐かしいです。ブリューゲルもたくさん見ましたよ。
好きな絵画のジャンルはいくつもありますが、フランドルもそのひとつです~
初めて訪れる場所は、名所から始めるのもいいのでは。けっきょく私もそうです(笑)。
二度目からは別の滞在方法で・・・というのが理想ですけれど、二度以上行ける場所って多くないですよね(苦笑)。
Commented by arare719 at 2017-06-21 23:24
こんばんわ☆

その節はお世話になりました!そうなんです!雨オンナなのです。
出掛けるところ、雷雨に集中豪雨、台風まで来てしまうことも…笑。
パリも例外ではなかったのですね。帰りの集中豪雨凄かったです。歩けずホテル前のカフェでエスプレッソ飲んで止むの待ってました。
でも、ここのコーヒー美味しかった。後で調べると結構有名なカフェだったみたいです。
イタリアの中世の美術を見てオルセーの近代絵画を見たら繋がりより鮮明に理解出来たんだろうな〜と思います。
見たかったなぁ〜オルセー美術館…。オランダやベルギーにも行かれたのですね。2国とも綺麗な街だそうですね。
絵を見に行かれる方学生も含めて多いみたいですね。ヨーロッパは楽しいですね。
半日の凝縮されたパリブラ、ホントに楽しかったです。同じ場所でもcanaさんの写真と私めの写真違っていて面白いなぁ〜と思いましたよ。
でもガンバって2、3泊すれば良かったと後悔しています。そうすれば郊外に宿泊出来たのに…と。
ブログアップ出来るのは後1カ月かかるかなと思っています。なにせイタリア紀行に調べながら書いているので時間かかちゃって。
ではでは、今度は私めが日本をアテンドしますね。


Commented by ラパン at 2017-06-22 17:37 x
下の写真、リュクサンブール公園ね芋洗状態凄いですね、笑。
本当に、五月の初めは寒くてニットの上に羽織りものまで着ていたのに、、6月は日本より先に猛暑になって、、。
美術館の中の時間が止まったような感覚、私もとても好きです。
リュクサンブール公園の中の本を読む気に入っている場所が混み合う季節になりました。
少し気温が下がったらまた私も散歩に行きたいと思います。
寝苦しいのも今夜までと信じて。。。


Commented by francana at 2017-06-23 02:00
>arareさん
雨女でしたか(笑)。パリでおいしいコーヒーが飲めたのは何よりでしたが・・・
イタリアの中世絵画はルーヴルに充実していて、私はそれを見に行くのも好きです。
オルセーは別の良さがありますね。どちらにも、模写している大人や子供を時々見かけますよ。
もっとゆっくりご案内できなくてすみませんでした~~
パリだけでも見所がたくさんありますから、一週間でもそれ以上でも滞在できるといいのでしょうけどね・・・
arareさんの撮られたパリも楽しみにしています。
Commented by francana at 2017-06-23 02:10
>ラパンさん
太陽がでれば隣の人と至近距離でピクニック、これもパリの風物詩でしょうか(笑)。
例年、さいしょの猛暑は7月の一週目ですものね。今年はやっぱり暑いです。昨日のFête de la musiqueはどんな様子だったのでしょう。
明日からはさわやかなお天気にもどるとのこと、ほっとしています。公園で読書もできそうですね。
時が止まったような・・・たしかにそうですね。だから好きなのかしら。若いときから、美術館へ行くと妙に落ち着くのです。
Commented by bayswater92 at 2017-06-23 06:00
こんばんは!アンです。
やっぱりオルセー行って見たいな~。
学校でこういう美術館に来れるのってほんといいですよね。
それにしてもお天気がーーーすごいことになってますね。
arareさん、雨女だったか・・。笑
カフェもお花も素敵です♪ 
Commented by hairpriori at 2017-06-23 13:47
もう
何処観ても
最高ですね
Commented by francana at 2017-06-23 15:31
>アンさん
オルセーでは子供向けのアトリエが充実していて、それに時々参加しています。
パリ市内の学校だったら、授業でも来るかもしれませんね。
級友といっしょに見る絵はまた違って見えそう。
変わりやすい天気はフランスでよくあるんですけど、この日はまさにそうでした(笑)。
Commented by francana at 2017-06-23 15:38
>とーちゃんさん
猛暑が終わって今日は涼しくなり、ほっとしています。
あとすこしで学校もヴァカンスに入りますよ。
Commented by Cecile at 2017-06-25 08:34 x
素敵な散歩道の写真の数々を自分も歩いている気分で楽しませて頂きました♪
美術館に行くと意外な自分を発見することがよくあります。「私ったら絵よりも彫刻が好きなんだ」とか印象派を楽しみに出かけたのにもっと古いものに惹かれたり 等。
息子さんとの美術館は新たな発見があるのでしょうね。
Commented by francana at 2017-06-25 15:15
>Cecileさん
そうなんですよね、
行くたびに新しい発見があるというのは、自分の年齢や環境の変化などはもちろんですけれど
作品そのものに普遍的な良さがあるのでしょうね。ぜいたくな時間ですよね~
息子は単純にたのしんでいるようです。彼のなつかしい思い出になってくれればうれしいです。
<< 今年のラヴェンダー 初夏のパリは・・・ >>