ポム、ポム

a0317237_19090849.jpg

薔薇の花びらのようなりんごのタルトレット。
載せたお菓子はすべて、いつものようにグルテンフリーで卵なしです。


a0317237_19123304.jpg

焦げました(笑)。意外に簡単なのですね、冬の間に何度かつくりました。


a0317237_19174264.jpg

ポム(pomme)とはフランス語で、りんごのことです。もとはラテン語のpomumで「木に生る種のある果物」を意味することばだったそうです。

古代ラテン語ではmalum、そこからイタリア語のmelaなどが派生。
もうひとつ、古代ケルト語のabluがガリア語のafalになり、その系列が英語のappleやドイツ語のapfel。以上wikipediaより。
語源っておもしろいですね。


a0317237_19283941.jpg

りんごはお菓子だけでなく、豚肉とも相性がいいですよね。これは初めて作った料理。
豚のリブを、野菜やりんごの皮といっしょにシードルにひと晩漬けておきます。シナモンとアニス、ブーケ・ガルニ(ローリエ、タイム、ローズマリー)も入れて。


a0317237_19303559.jpg

翌日に、オーブンでゆっくり焼きます。

お肉がとろけるように柔らかく、りんごとシナモン、ハーブの混ざった風味がなんともいえないおいしさ。皮をマリネに使ったりんごは別にバターでソテーして、添えて食べます。
あっという間にできる一皿ではないけれど、手間だけの価値はあります。


a0317237_19140474.jpg

先日はひさしぶりに、りんごのクランブルを。ベリー類も入れて華やかに。


a0317237_19150961.jpg

軽いのですぐになくなりますね。とても簡単で、間違いのないおいしさ。


a0317237_19491018.jpg

抹茶とりんごのケーキは、呼ばれた先へ持参。
パウンドケーキ型は普段あまり使わなくて、人のために作る時がほとんどです。小さい一口大のは家にとっておく用に。


a0317237_19204645.jpg

先日リュクサンブール公園で、果樹園のよこを通りました。テレビで紹介されていたのを見たばかりだったので、ここにあったのかと。700種類以上のりんごと梨が伝統的な枝固定法で植えられていて、古い種を保存するのが目的だそうです。


秋から春まで、りんごを食べる季節は長いです。



[PR]
by francana | 2017-03-22 07:00 | フランス生活風景 | Comments(18)
Commented by M at 2017-03-22 08:24 x
ポム、りんご、大好きです。
りんごのお菓子、大好物です。
まぁ、綺麗なりんごの花びらのタルトレットですね。
ポムとアップルの語源面白かったです。
少し、物知りになった気がしました。

豚肉とりんごは、よく合いますね。
私も豚肉のソテーに皮ごとりんごをすりおろしたソースを
かけて食べるんですよ!
シードルにつけ込むのも美味しそうですね!
りんごのクランブルも大好きだなぁ。
ベリーが入ったのがいいですね。
紅茶とりんごのケーキも美味しそう!
りんご、実にたくさんのお菓子とお料理になりますね。
Commented by nararanran at 2017-03-22 11:23
わぁ〜りんごの花びらのお菓子
前々から作りたくって。
でもきれいに作れる自信がなくって躊躇していました。
可愛く綺麗に、美味しそうに出来上がっていますね。
他のお菓子も、どれもゴックン\(^o^)/

こちらは三寒四温の言葉どおり気温の変化が激しい季節になりましたが、
春です、春になりましたよ。
Commented by arare719 at 2017-03-22 23:03
こんばんわ☆

うわっ、素敵!素敵!
クッキングブックを見てるようです。リンゴのバラのタルト芸術作品ですね、素晴らしいです。
美術館で絵画に親しんでらっしゃる感性がお料理の写真に開花してるんですね。
リンゴを使った豚バラやクラフィティも抹茶のパウンドケーキも絵画みたい。
レシピも参考になるし、何より匂いが漂ってきそう…ゴクン!リンゴの皮の使い方…なるほどです。
リュクサンブールのリンゴの木700種⁉︎ フランスはリンゴの産地だったんですね。

↓リュクサンブール公園で、子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで、ようやくの陽射しに大喜びではしゃぐ様子が
生き生きしていて本当に楽しそう…。太陽が恋しかったんですね。
子供たちの好奇心に満ちた目を見ていると、未来を感じます。大人になってからも純粋さを忘れないためには…愛を忘れないこと、愛おしいものがあるということではないでしょうか。

Commented by 40ansparis at 2017-03-22 23:56
りんごのバラ、素敵!そして美味しそうです。グルテンフリーだなんて、お子さん幸せですねえ。
りんごは一年中食べていますが、焼いたりんごの美味しさはまた別の味わいですよね。ハーブがこちらは手軽に手に入るから、香り付けの変化が楽しめますよね。日本のハーブより香りも強いんですよね。その点が気に入っています。
Commented by iris304 at 2017-03-23 09:11
こんにちは^^

なんて綺麗なリンゴのタルトレット
美味しそうですね。
実は私、リンゴは生で頂く以外は余り好きではありません。
それなのに、食べて見たいって思いましたよ。

木に生る種のある果物、こういう定義が面白いです。
語源て本当に、ふむふむ、なるほどねって事もありますが
ええええええって事もありますね。
ラテン語って色々な植物の語源に多いですね。

皮ほかシードルに浸けた豚肉のお料理
肉がとろけるほど柔らかって、こちらも食べて見たいです。
リンゴを余す事なく使い切って これが理想ですよね。
日本の果物は綺麗でオブジェのようですが農薬の心配もあるので
庭でなったリンゴやベリーなどが懐かしいです。
小さかったり、虫食っていたりとその不揃いな所が安心感をもたらしてくれました。

日本は桜の開花宣言が届き、もうすぐピンク色で染まります。
Commented by francana at 2017-03-24 01:26
>Mさん
りんごのお菓子、好きだと仰っていましたね。
語源でも歴史でも、知るとおもしろいですよね。学者ってたのしいだろうなと思います。
皮ごとすりおろしてソースにするだなんて、おいしそう~
今度真似してみようかしら。
そういえば日本ではカレーにりんごを入れたりもしますね。
シードルに漬けるのはよくある調理法みたいです。私は初めてでしたが、ワインほど重くなくて、おいしかったですよ。
Commented by francana at 2017-03-24 01:37
>らんさん
花びらのタルト、思ったよりも難しくなかったですよ。
りんごを薄~く切るのが大事で、ほんとはスライサーでやるといいみたいですが、私は包丁でまちまちな厚さに(笑)。
それでもなんとか形になりましたから・・・らんさんも作ってみて下さいね!
三寒四温、こちらは寒さが戻ってきました。冬のコートをしまったり出したりしています。
そちらの春は美しいでしょうねぇ。
Commented by francana at 2017-03-24 02:07
>arareさん
いえいえ(笑)、見た目がいまひとつだわって作る度に思っていますよ。
センスがないのか不器用なのか、両方か(苦笑)。でも、ありがとうございます~
フランスのりんご、種類が豊富ですよ。
普通のお店でも数種類、用途に応じて選べるようになっています。
春の太陽、出てきた!と思ったら、また寒さが戻ってきました。安定するのはもうすこし先のようです。
なにかを愛する気持ちは、何歳であっても純粋ですものね。
いまの子供たちの未来が、明るいものであるよう祈るばかりです。
Commented by francana at 2017-03-24 02:15
>ラパンさん
薔薇の花束のような大きなタルトを作る方もいるようです。私は簡単なタルトレットにしましたが(笑)。
りんごは生でも調理しても、saléとsucré、いずれもおいしく食べやすいですね。
焼いたのはもちろん、夏のサラダに入れるのも好きです。
ハーブはたのしいですね~
りんごのタルトにローズマリーを散らすというレシピを見つけて、いま気になっています。
Commented by francana at 2017-03-24 02:33
>irisさん
ラテン語からフランス語へのつながりは日常的に感じることがあっても、
そういえば日本語の起源はよく知らないことに気づきました。
りんごは生で食べるのがいちばん好きという方も多いですね。
幼い頃は、蜜のたっぷり入った富士を、いつも生で食べていました。
豚肉の料理、シードルにりんごでりんご尽くし、それがこんなにおいしいなんてと、良い発見をしましたよ。
そうですね、日本のお店で売られている果物や野菜は、作り物のようにきれいでびっくりします。
農家の方もたいへんだろうなと(苦笑)。
残念ながら我が庭にりんごの木はないのですが、植えたい気持ちはあるのです。どうしようかしら・・・
日本の桜を見るだけにでも帰りたくなります。
Commented by teineinakurasi at 2017-03-24 10:28
francanaさん、こんにちは^^
リンゴ、のタルトとってもキュートですね~♪
薔薇のお花のような、テーブルに出されたら
歓声が出てきそうなお菓子♡です。
昨年秋はお菓子作りができなかったけど
今年の秋のリンゴの時季には、トライしてみたいです^^
ヨーロッパでは、リンゴは医者要らずと言われるほど
体に良い果物ですよね。
日本は、甘みの多い品種が主流なんですが
私は酸味の多い紅玉とかジョナゴールドが好きです。

リンゴと豚肉料理、相性いいですよね~
シードルで豚肉漬けるのですね~
シードルは、日本でも最近ポピュラーになりつつありますが、200cc入りくらいの小さめサイズが多いので
ワインボトルサイズのは、近所のスーパーでは売っていなくて。。。
外食した時は、シードルを置いている店に入るとドライシードルをよく飲みます。
さっぱりした口当たりがいいですね。
昔、新婚時代英国料理研究家の本を見て八分の一に
カットしたリンゴを豚肉の薄切りで巻いて
カレー粉を加えて煮込むお料理を作ったことがあります。
果物とお肉を合わせるって当時の感覚では不思議だったのですが作ったらとても美味しくて
当時豚肉が苦手だった夫も喜んでくれたことを思い出しました^^
francanaさんのフランスの家庭料理
いつも愉しく拝見しています^^
Commented by Aqua_blueY at 2017-03-24 11:09
りんごって体にとても良いんですよね〜!
アメリカにはりんごを1日一つ食べると医者いらずと言う
諺があるぐらいです。
お花の形かわいいですね〜。どのお料理も美味しそうです!
Commented by bayswater92 at 2017-03-25 03:16
こんばんは!アンです。
薔薇のりんごのタルト、可愛くて美味しそうです~。
ちょっとの焦げ目があったほうが、ビジュアル的にも素敵かも!
私も明日りんごのタルトを焼こうかな、と思っています。
また型なしで!
抹茶とりんごの組み合わせ、私は未体験!ですが美味しそうだし、
これもビジュアルがすごく素敵!
プレゼントされたら絶対嬉しいですね~!
小さいのはカヌレ型ですか?かわいいなぁ。
抹茶とりんご、食べてみたい!
Commented by pot-eri at 2017-03-25 16:55
かわいいー! 以前に見たことあったのはもっと大きいサイズだったので。このひと口サイズがかわいい☆ 
作ってる時も楽しそうね。土で作ってみようかなー 笑
リュクサンブールって私は意外と行ってる回数が少ないです。今度ゆっくり果樹園も見に行ってみまーす。
Commented by francana at 2017-03-27 17:09
>sakuraさん
お返事が遅くなってすみません!
薔薇のタルト、見た目が華やかなのでお客様のときにもいいですよね。
りんごは体に良いことがたくさん。皮ごと食べるとさらにいいみたいですが、生のままのほうがいいのかしら?調べてみますね。
私にとって日本のりんごは、フジです。考えてみればフランスのりんごと比べるとかなり大きかったですねぇ。
シードル、200mlですか、日本らしいサイズですね(笑)。
この料理には、ノルマンディーのシードル農家で買ってきたのがまだあったので、どぼどぼとそれを入れましたよ。
りんごと豚肉とカレー、おいしそう~ 今度試してみます。
ありがとうございます、sakuraさんの食卓もいつもたのしみなんですよ!
Commented by francana at 2017-03-27 17:12
>Aquaさん
お返事が遅れてすみません~
One apple a day keeps the doctor away. でしたっけ、韻をふんでいて詩みたいですね。
りんごは料理の使い道がたくさんあってたのしいですね。
冬の間は果物の種類が減るので、バナナとりんごばかり食べています(笑)。
Commented by francana at 2017-03-27 20:36
>アンさん
お返事が遅くなってごめんなさい。
いつも焦がしている気がします(笑)。私はそれくらいの焼き加減が好きなんですけどね~
りんごのタルトも最近いくつか焼いたので、そのうち載せますね。
抹茶とりんごは何度も組み合わせていますが、おいしいですよ。
マドレーヌ型で焼いたりもしました。アンさんもやってみてください~
そうです、小さいのはミニカヌレ型で、一口で食べられる大きさです。
Commented by francana at 2017-03-27 20:38
>poteriさん
お返事が遅れてすみません~
薔薇のタルト、大きいのはあっと驚くような華やかさがありますよね。
花びらをずらして重ねてくるりと丸めるんです。土で作ってみてください(笑)。
リュクサンブール公園、以前すぐ近くに住んでいたことがあって、大好きな場所です。
季節を問わず、つい寄ってしまいます。
<< 夏時間、サロン・デュ・リーヴル リュクサンブール公園にも春が >>