2017年 03月 15日 ( 1 )

リュクサンブール公園にも春が

a0317237_22532304.jpg
ご無沙汰しております。

しばらく雨ばかりだったのが、このところ晴天が続くようになりました。午後にはぽかぽかのあたたかい日差しで、春の訪れを感じます。

そんな週末、ひさしぶりにリュクサンブール公園へ。
この陽気に誘われて出てきた人でいっぱい。何もしないで日を浴びるというこの行為、忙しい日本人には理解できないかもしれませんね(笑)。


a0317237_23061798.jpg

公園じゅう椅子の空きがないくらいで、一角に冬の間まとめて置かれていたのでしょうか、山と積まれた椅子を、自ら取っていく人たちも見かけました。


a0317237_23073494.jpg
いつもの桜がすでに満開でした。

ここ一年ほどでセ・ラ・ヴィ(C'est la vie. 人生とはそういうもの)、という言葉が浮かぶ瞬間が何度もあったのですが、
いつの間にか春はやってきていて・・・何が起ころうとめぐる季節、自然の営みの確かさ、に思い当たるとはっとします。


a0317237_23324521.jpg
・・・もし人生で、自分をとても不幸に感じることがあったら、思い出してごらん、私たちは宇宙のなかの小さな塵にすぎないんだと。人生はたった一瞬でしかない。だから満喫するんだよ・・・

先日見たフランス映画のなかで、実在の探検家・海洋学者である父親が、星空を見上げながら幼い息子たちに言います。
すでにどこかで聞いたような台詞でもあるし、本当にそんな会話があったかどうか知らないけれど、心に留めておきたい言葉でした。


a0317237_16525432.jpg
リュクサンブール公園の遊具広場は有料ですが、広くて遊具が充実、床は弾性素材で、大人用のベンチもたくさん。私は座ることはほとんどないけれど、広場自体が快適で長くいても苦になりません。
この日は、私たちが帰るころには入り口に20メートルほどの行列が。週末でこのお天気ですものねぇ。


a0317237_16530739.jpg
7歳以上が対象の「緑の遊具」。以前はできなかったここでたくさん遊んで、息子は大満足。

いつだったか息子の学校の先生に、今の「ちいさな」悩みをたのしんでくださいね、子供が大きくなれば「大きな」悩みが次々にでてきますから・・・と言われたことが印象に残っています。

子供を見ていると、彼らの前にはまぶしい未来が広がっていて、立ち止まることなんてないのだなと思えます。残念ながらその屈託のなさは、大人になるにつれてどこかへ忘れられてしまうのだけれど。


a0317237_17112896.jpg
左岸のデパート「ル・ボン・マルシェ」食品館「ラ・グランド・エピスリー」へ寄ったら、復活祭のチョコレートがずらりと並んでいました。


a0317237_17123707.jpg
伝統的な、うさぎ型と鐘型。でもここは「ラ・グランド・エピスリー」、相当なお値段でした(笑)。


a0317237_17134331.jpg
こちらはちょっと異色。お弁当箱みたい。買わなくても、あれこれ見ているだけで楽しいお店です。


a0317237_17155139.jpg
クリュニー美術館横で咲く桜が、とおくからでも白くふわっと目につきました。


a0317237_17205989.jpg
この花屋さん、よく前を通るので以前にも載せたことがあるような気がしますが・・・マグノリア(木蓮)と椿が店先にでていました。

そろそろ庭の手入れを始めなくては・・・




[PR]
by francana | 2017-03-15 07:00 | パリ散歩 | Comments(16)