2017年 04月 20日 ( 1 )

ソー公園の八重桜

a0317237_16462387.jpg

すっかり暖かくなったと思っていたら、寒さが戻ってきました。再びストーブをつけています。

先週のあたたかく晴れた日に、パリ南郊外にあるソー公園へ行ってきました。
目的は、桜のもとでピクニックをすること。広大な庭園の一角に、ピンク色の八重桜がたくさん植わっている場所があるのです。


a0317237_16481496.jpg

場所をきめて座ると、まるで大きな桜の傘の下にいるようでした。


a0317237_16551188.jpg

フランス式の簡単なお弁当。こんなものでも、外で食べるというだけでおいしいのはなぜでしょう(笑)。


a0317237_16555595.jpg

咲き誇る八重桜。たわわ、という言葉がぴったり。


a0317237_17013472.jpg

ソー公園は、ソー城の庭園です。17世紀にはルイ14世の財務総監コルベールの所有でした。
城というよりは大きな邸宅といった雰囲気ですね。この日は立ち寄りませんでしたが、美術コレクションもあるそうですよ。


a0317237_17022225.jpg

城から長くのびる庭園。
思い出したのは、ここ。


a0317237_17025076.jpg

昨冬ひさしぶりに訪れた、ヴェルサイユ宮殿の庭。ソーもヴェルサイユも、ヴォー・ル・ヴィコントも、いずれもアンドレ・ル・ノートルの設計です。


a0317237_16564321.jpg

ソー公園の桜にもどりますね。
見事な大木ばかり。
樹齢何年なのでしょうね・・・ なかには数本、若い木も植えられていました。

フランスでよく見かける、果実をつけないピンク色の桜。日本で見る八重桜とはおもむきが違います。こんなフランス式庭園にあっても野趣あふれるというか。

追記:調べてみたら、ここの桜は日本の関山らしいです。そういえばパリ植物園にもありましたね。




a0317237_17043763.jpg

食べているあいだにも、はらはらと花びらが膝やサンドイッチの上に落ちてきました。


a0317237_17094176.jpg

昼食後は桜の園を出て、遊具広場まで散歩。


a0317237_17112345.jpg

巨大な鏡のような、敷地中央のグラン・カナル。


a0317237_17104231.jpg

地面にやわらかい木屑が敷いてあって、ジョギングにぴったりな散歩道。
パリ市内や周辺の公園のように、人が多すぎないのが快適でした。


a0317237_17122524.jpg

県営の庭園で、隅々まで手入れが行き届いているのも感じがよかったです。


a0317237_17130920.jpg

ふいに馬が現れて、皆が注目。


a0317237_17134928.jpg

帰り際、ピンクの桜と反対側の場所に、白い桜の木がたくさん植わっているのに気づきました。ピクニックをする人は誰もいなかったけれど・・・


a0317237_17153130.jpg

こちらもかなりの大木。白い花も、ヨーロッパの田園風景らしくて好きです。


a0317237_17163774.jpg

桜餅が食べたい・・・(笑)
昨年は東京で春を満喫したけれど、今年もこうしてお花見ができました。




a0317237_16332671.jpg

お弁当とも言えないようなサンドイッチでした(食パンはグルテンフリー)。スライスチーズがなくてやむなくカマンベールに。それからポテトチップスも。ケーク・サレでも作ればよかったけれど、時間がなかった。

フランスでは学校の遠足でも、サンドイッチにチップス、コンポート(果物のピュレ)というのが一般的じゃないでしょうか。



ところで先週末は、復活祭の祝日でした。


a0317237_20423462.jpg

家族でもらったり買ったりしたチョコレート。
田舎なのでおしゃれなショコラティエはないけれど、フェア・トレードのこれはなかなかおいしいです。


a0317237_20430408.jpg

息子はやっぱりキンダーのおまけ付きがいちばん嬉しいみたい。大人の手の平くらいの卵型チョコレート、今年はドラえもんのがあったので二つ買ってあげたら大喜びでした(笑)。


今週末は、いよいよ大統領選の第一回投票日。大混戦になりそうです・・・




[PR]
by francana | 2017-04-20 07:00 | パリ散歩 | Comments(26)