<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

オルセー美術館にて

a0317237_01513531.jpg

寒さがすこしずつやわらいできました。長いと思っていた冬もいつのまにか終わりが近づいています。うれしいやら、月日の経つはやさに驚くやら。

さて・・・
みじかい間に二度、オルセー美術館へ行きました。
いずれも子供のアトリエ(単発の教室)に息子が参加するためです。


a0317237_18414866.jpg

アトリエに親は同行しないので、私はひさしびりに館内を見学。大時計に近づいたのは二年半ぶり。


a0317237_18435866.jpg

セーヌ川対岸のルーヴル美術館が臨めます。もとは12世紀までさかのぼるルーヴル宮、今日まで何度も変貌してきた歴史の証人です。


a0317237_18452386.jpg

オルセーはずっと新しく、開館は1986年。
一月末まで30年を記念して、フランスや他国の美術館から作品が貸しだされていました。オレンジの札のがその一枚。サン・ラザール駅を描いたモネの作品が二枚並んで。


a0317237_05153706.jpg

この写真の日は午後だったので、団体旅行者がいなくて館内は穏やかでした。


a0317237_05154902.jpg

カップルが三組。旅行でパリへ来たのかしら。いいですね、ふふ。

印象派の展示室ばかり写っていますが、館内はぐるりと一周しましたよ。


a0317237_05181753.jpg

ちいさなバルコニーからの眺め。
ドーム型の高い天井とつきあたりの大時計は、オルセーが鉄道の駅だったころを思わせます。


a0317237_05211885.jpg

19世紀初め、この場所にはオルセー宮がありました。国務院などとして使われましたが、1871年のパリ・コミューンの際に火災にあいます。
のち1900年の万国博覧会の訪問者をむかえるために、鉄道のオルセー駅がつくられました。天井の装飾をまもるため、蒸気機関車はオーステルリッツ駅どまり。そこから電気機関車につなぎかえられてオルセーまで来ていたそうです。


a0317237_05261751.jpg

その後、長距離電車駅としての機能はなくなり、戦時中はドイツから帰還した捕虜の中継所として使われたことも。シャルル・ド・ゴール大統領の時代にあやうく取り壊されそうになったところを、歴史的建造物に指定されます。そこにルーヴルを補完する美術館をつくろうと考えたのは、ジスカール・デスタン大統領。その計画はミッテラン大統領に引き継がれ、1983年から1986年にかけて工事がおこなわれました。


a0317237_05274491.jpg

点在する彫刻と、ちいさく見える訪問客。オルセーはやはりこの開放感が好きです。


a0317237_05301609.jpg

こちらは5階のレストラン。大時計はきちんと動いているんですよ。針が分を刻むたびに、動いた!と息子。


a0317237_05314774.jpg

ここで食べたのは考えてみれば初めてでした。おいしいサラダでしたよ。


a0317237_05323029.jpg

オルセーやルーヴルはミュージアム・ショップがそれなりの大きさで、書籍も充実しています。ぱらぱらと眺めるだけでしばらく居られる。

子供のアトリエは一年中いろいろなテーマがあって、グループで館内の関連作品を見たあと、制作します。家では出来ないだろうなという作品をつくってくるし、何よりたのしいとのことなので、また参加するでしょう。

美術館という空間が好き、落ち着く・・・と改めて思ったオルセーでした。




[PR]
by francana | 2017-02-21 07:00 | パリ散歩 | Comments(14)

曇り空のオデオン界隈

a0317237_23220943.jpg
パリの6区をぶらり。懐かしい界隈を歩くとほっとします。


a0317237_23231810.jpg
学生御用達のこの書店、外に並べられた本は安くなっているので、立ち止まってしばらく眺めるのが習慣。


a0317237_23314878.jpg
パリ第五大学(医学部)があるこの通り、左手の建物でサラ・ベルナールが生まれたそう。何度も前を通っているのに初めて知りました。


a0317237_23251832.jpg
以前はよく来たオデオンのシネマ。パリ市内に住んでいたら年間パスを買って映画館へ通うだろうな・・・
あれもこれも見たいけれど、「Fukushima mon amour」というタイトルが目についた。ドイツ映画らしい。


a0317237_23472291.jpg
四つの風という名のみじかい通りに並ぶ、貸し自転車のヴェリブ。


a0317237_23503762.jpg
サン・シュルピス教会横のここも、よく歩いたなじみの道。この日も奥のベンチでは食事中の人が。


a0317237_23521318.jpg
新聞や雑誌を売るパリのキオスク。
2019年までに約400店が新しいモデルに変わるのだとか。リサイクル可能な素材で作られ照明はLEDになるそう。携帯電話の充電設備などの機能もつけ加えられるらしいけれど、慣れ親しんだものが消えていくのはさびしくもあります。メトロの駅やバス停も、だんだん現代的に便利に変わりつつありますね。

文化情報誌のパリスコープがもうないとブロガーさんから聞いて驚いたのは最近のこと。これも時代の流れですね。


a0317237_00002177.jpg
150年の歴史があるモリス広告塔も、パリの風景の一部。
十年ほど前に200以上の塔が撤去されることになり論争を呼びましたが、そういえばパリ郊外などでグレーの新しいウィルモット広告塔を見かけるようになったような。市内ではどのくらいあるのでしょう。


a0317237_00431667.jpg
先日のルーヴル美術館(併設の商業施設)での事件・・・ 息子を連れて美術館へ行くことはめずらしくないので、なんともいえない苦い気持ち。

写真の日も、オルセーへ行きました。そのことはまた次回~




[PR]
by francana | 2017-02-05 07:00 | パリ散歩 | Comments(22)