<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年のラヴェンダー

a0317237_04005075.jpg

暑くなるのが早かった今年は、ラヴェンダーの開花も一ヶ月くらい前倒しでした。


a0317237_03592105.jpg

気づいたときにはもう、満開。


a0317237_09050120.jpg


蜂がぶんぶん、蝶がひらひら。忙しそう。
今年は虫の数も多いです。とくに蟻は相当な数で困っています。家のなかに入ってくるわけではないのですが。


a0317237_04044104.jpg

そんなわけで収穫もずいぶん遅れてしまったので、すこしだけ切りました。秋になったら刈りこみます。


a0317237_04060481.jpg

部屋がいい香り。


a0317237_04060379.jpg

新しい茎も増えました。こちらはなんとか咲いてしまう前に採れましたよ。


a0317237_04203193.jpg


ズッキーニがここ十日ほどでみるみる大きくなり、花を咲かせ始めました。


a0317237_04212953.jpg

こちらも成長中のかぼちゃ。


a0317237_04230680.jpg

今朝採れたフランボワーズ。今年は豊作です。
とはいえまだ株数がすくないので、そのままぱくぱく食べるだけの量しかありませんけれど。前年よりも大きな粒で、とてもおいしいです。


a0317237_04245256.jpg

先週は35度を超える猛暑だったのが、昨日からはずいぶんと涼しくなって、ひさしぶりに雨が降りました。

学校は年度末で、あれこれつづいた行事が終わってほっとしたところです。

もうすぐ7月・・・




[PR]
by francana | 2017-06-29 07:00 | フランス生活風景

パリ6区あたり

a0317237_17040817.jpg


先日、ふたたびオルセー美術館へ行きました。
空を指差す天使たち、うち二人は洗礼者ヨハネの彫像です。


a0317237_17040821.jpg

6月の週末は、観光客でいっぱい。

この日は企画展「Au-delà des étoiles(星々のむこうへ)」を見に。19世紀終わりの風景画を中心にした、自然の神秘性をテーマにした興味深いもの。
会場の壁には、ボードレールの「自然はひとつの神殿・・・」から始まる美しい詩が引用されていました。


a0317237_17133351.jpg

ポスターになっているヴァン・ゴッホの絵は、アムステルダムのゴッホ美術館から。私が行ったのはいつだったか・・・オランダとベルギーで美術館ざんまいの、気楽なひとり旅が懐かしい。


a0317237_17040833.jpg

子供たちのグループに遭遇。息子もこのなかに混ざっています(笑)。子供向けのアトリエは、前半に授業のように見学できるのがいいと思っています。


a0317237_17040785.jpg

常設展示。
オルセー美術館は何度来たか分からないくらいですが・・・訪れるたびに作品の良さを再発見。


a0317237_17040868.jpg

お昼ごはんを食べたテラスからは、セーヌ川と右岸の景色が望めました。


さて、別の日。今月はじめのリュクサンブール公園。


a0317237_06023888.jpg

日本からいらしたブロガーさんとパリを歩きました。急におかしなくらい寒くなった日で、あわててコートを出したくらい。公園は閑散としていました。


a0317237_06044003.jpg

晴れ時々くもりと大雨というおかしなお天気で、リュクサンブール宮殿に近づくころには、灰色の雲が迫ってきました。幸いこのときは降りませんでしたけれど。


a0317237_06061640.jpg

お昼ごはんは伝統的なメニューが黒板に書かれた、ふつうのビストロで。


a0317237_06071837.jpg

前を通るたびに撮りたくなる花屋さん。


a0317237_06075571.jpg

このかわいらしいのはと思ったら、紫陽花の一種なのですって。


a0317237_06122851.jpg

高級デパート、ボン・マルシェの食品館にも立ち寄りました。トマトの種類とディスプレイはさすが。
arareさん、短い時間でしたがパリを楽しんでいただけたでしょうか~


a0317237_06112565.jpg

シェルシュ・ミディ通り。

今週は全国的に暑くなり、35度まであがる予報。5月までストーブをつける日があったとはいえ、けっきょく今年は暑い日が多いです。




[PR]
by francana | 2017-06-19 08:00 | パリ散歩 | Comments(18)

初夏のパリは・・・

a0317237_00222928.jpg


初夏らしいお天気がつづいています。
週末のリュクサンブール公園はたいへんな人出で、入ってもいい芝生は芋の子を洗うよう。
日陰派と日向派がいるんですね。


a0317237_00242079.jpg

椅子とベンチも満席。
冬に太陽を浴びるのを好むのは分かるとして、30度の暑い日でも、日向を選ぶ人がけっこういます。


a0317237_00473995.jpg

遊具広場にて。空が葉っぱで覆われている。
広場の大部分が涼しい日陰なのは、大きな木々のおかげでした。今まで注意を払ったことがなかったけれど・・・ 「旅人とプラタナス」を思い出しました。


a0317237_06065513.jpg


家にあった果物でフルーツ・サラダ。暑い日はこれが実においしい。

庭にプールをだしたので、友人たちを呼んで子供たちを遊ばせました。水鉄砲などではしゃいでアイスを食べて・・・ そのあいだ大人はひたすらおしゃべり。


a0317237_06090154.jpg

今年も庭のミントでシロップを。今回は水気を飛ばして濃くしてみました。


a0317237_06123987.jpg

ベリー類のマフィン。いまの季節はミントを刻んだものを入れることも。


a0317237_06135753.jpg

こちらは抹茶あんこ。
いつものようにグルテンフリー、卵なし。マフィンも、これならおいしいというレシピができつつあります。


a0317237_06215160.jpg

フランボワーズが順に赤くなっています。

いまは日が最も長いとき。22時ちかくまで明るいです。




[PR]
by francana | 2017-06-14 07:00 | パリ散歩 | Comments(12)

初夏のシュヴェルニー城

a0317237_17261002.jpg

週末にどこかへいこうと、ロワール川沿いの城のひとつ、シュヴェルニー城(Château de Cheverny)へ。

いつもながら写真が多いので・・・お時間がある方はつづきをどうぞ。


a0317237_17260916.jpg

着いてびっくり、入場券を買うのにこの行列。
晴れた週末ですものね、事前にサイトで買っておくべきでした。けっきょく一時間も並ぶはめに。


a0317237_17261140.jpg

やっと敷地に入ったときはすでにお昼時。ベンチでお弁当を広げました。こういう場所にはたいていピクニックエリアがあります。


a0317237_17261179.jpg

パンをちぎって投げると、黒鳥や鴨たちが寄ってきました。


a0317237_04283901.jpg

敷地内では赤い薔薇がさきほこって。


a0317237_04292864.jpg

シュヴェルニー城といえば、「タンタン」です。作者エルジェはこの城にインスピレーションを得てあのムーランサール城を描いたのでした。

5年前にロワール川沿いの城をいくつも訪れたのですが、幼かった息子はまったく覚えていないとのこと。というわけで今回の再訪です。


a0317237_04371988.jpg

ひろい敷地内には菜園もあります。ふつにレタスや人参が植わっていて、ベリー類や花々も。大きな壷にはハーブがいろいろ。


a0317237_05415648.jpg


玄関を入ってすぐの、ルイ13世様式の階段。柱には楽器や武器、果物などが彫られています。
シュヴェルニー城は17世紀に建てられ、はじめの城主ユロー家の子孫であるヴィブレ侯爵夫妻が現在もここで暮らしています。


a0317237_04402066.jpg

部屋をかいつまんで紹介しますね。
ここは母親と赤ちゃんのための寝室。マホガニーの立派なゆりかごは帝政様式。


a0317237_04443132.jpg

子供の部屋。古い木馬におままごとセット。
中央の犬たちはレゴでできています(笑)。コラボ企画があるそうで。奥に写った赤い椅子もレゴ。
別の部屋には、レゴで作った大きなシュヴェルニー城もありました。


a0317237_04464268.jpg

緑色の食堂。奥には銅製のお菓子型などがずらり。


a0317237_04492011.jpg

犬がモチーフのお皿とテーブルクロスは、城主一家のために作られたものだそう。


a0317237_04475552.jpg

女性らしい色使いのちいさな居間。傍らには書斎ふうのデスクも。


a0317237_04503939.jpg

タピスリーがかかった武器の部屋。左の、コルドバ革で覆われた大きなトランクはアンリ4世のものだったそうです。


a0317237_04520879.jpg

城内の見学を終えて、庭へでました。城を裏側から見たところ。


a0317237_04525874.jpg

ここは見習い職人の庭、というおもしろい名前。


a0317237_04533487.jpg

奥のオランジュリー(いわば温室)へと続きます。


a0317237_04540859.jpg

18世紀のオランジュリーが軽食をとれるカフェになっています。
シャーベットで一息つきました。この日は32度くらいまで上がったのですよ。


a0317237_04564509.jpg

城の裏側は、塗り壁に角は石というルイ13世様式。


a0317237_05003275.jpg

白い壁にグレーの屋根のファサードのほうは、パリのリュクサンブール宮殿の影響を受けているそうです。(これ↓)




「タンタン」グッズや本、展示もあるシュヴェルニー城ですが、もうひとつの名物は、猟犬たち。子供部屋でレゴだったあれです(笑)。


a0317237_05014131.jpg

暑い日でしたから、日陰で重なり合うようにしてお昼寝中。フランセ・トリコロールというハウンドの一種だそうです。


a0317237_05124920.jpg

じりじりと暑い日でしたが、気持ちのよい外出となりました。
お城を見に行こうなんて皆考えることは同じなのね・・・と思った次第(笑)。




[PR]
by francana | 2017-06-08 07:00 | フランスの旅 | Comments(16)