マロン・ショー、いつものりんごタルト

a0317237_182236.jpg

田舎でひろったという栗をたくさんもらったので、オーブンで焼き栗にしました。
フランス語ではマロン・ショー(marron chaud)。寒くなるとパリの道端でも売られます。


a0317237_18482.jpg

週末のパリの公園。


a0317237_183462.jpg

この日は無料の美術館で、お昼をテラス席で食べようとしたら、あまりに寒いので中へもどりました。


a0317237_1881211.jpg

冬でも外の椅子ですごすパリジャンたちも、なぜかこの日はいなかった。


a0317237_1864294.jpg

型なしタルト、しばらく四角いのばかりでしたが・・・


a0317237_1851191.jpg

先日焼いたりんごタルトは、ひさしぶりに丸くしました。なぜか写真が黄色いですね、すみません~
しょっちゅう焼いているので、生地のあつかいにもはじめのころよりさすがに慣れた。きれいでないのは相変わらず(苦笑)。


a0317237_1871289.jpg

りんごを5、6個使って、冷凍のベリーを散らしています。生地の黒いつぶつぶは、きな粉に入っている黒すりごま。


a0317237_1892125.jpg

おいしさは茹で栗のほうが勝るけれど、マロン・ショーは手で皮をむけるのが手軽でいい。ハート型の甘い小さな栗、毎日ぱくぱく食べています。




*
[PR]
# by francana | 2016-11-09 07:00 | パリ散歩 | Comments(16)

冬時間

a0317237_2494535.jpg

ご無沙汰しております。
日曜日からとうとう冬時間になりました。この日ばかりは一時間得した気分。


a0317237_2523216.jpg

先月、フランス語で「ブリュッセルのキャベツ」と呼ばれる芽キャベツがで始めたころ、野菜のクランブルに。使ったのは、米粉ととうもろこし粉など。ブイヨンを足したほうがしっとりしてよかったなとあとで思いました。


a0317237_2501950.jpg

9月の半ばに菜園で採れたかぼちゃ。こぶりのポティマロンです。その後も花が咲いたのでほうっておいたら実がついたけれど、日照不足のせいかちっぽけなまま色づいています。食べられるまでになるのかしら。


a0317237_2525972.jpg

菜園のトマトとズッキーニはさすがに終わってしまい、もう片付けました。
ズッキーニは10月になってからも採れたので、こんなポタージュを何度もつくりました。じゃがいもと玉ねぎとあわせてすこし水を足すだけの、乳類は入れないどろりとしたスープ。


a0317237_2532233.jpg

人参とかぶのポタージュ。これもぼってりした濃いもの。野菜の甘みがおいしいです。




a0317237_2535433.jpg

読書の秋というわけではないけれど、最近読んだ本。
「Un Secret(ある秘密)」と、「Dora Bruder」はつづけて一気に読みました。どちらも、ナチス・ドイツ占領下のフランスでユダヤ人になにがおきたかが描かれているもの。厚い本ではないけれど、その重さがずっしりとからだにこたえました。

グランベールの自伝的な「Un Secret」。15歳で家族の秘密を知る「私」が大人になってから検挙されたユダヤ人たちの記録をたどる。それは「尋常でない現実の重み」、と書かれています。

「Dora Bruder」のほうは、モディアノの小説家らしい鋭い想像と、自身の体験とが、実際の記録とあわさった巧みな構成。いまもあるパリの通りや郊外の町が、いまでは信じがたいおそろしい史実の舞台でした。淡々と語られますが、読み進めるにつけ胃がしめつけられるような感覚が。
「それまであなたが考えたこともなかった、そしてほんとうの自分とはかけはなれている、おかしなカテゴリーに当てはめられてしまう、理由も知らされずに」。

おなじくモディアノのもう一冊は、え、ここで終わるの?とおもわずつぶやいてしまった、不可思議な後味のある小説。どなたかに解説してもらいたい(笑)。


a0317237_2543079.jpg

こちらもすこしまえに読み終えた小説、英語の原題は「The Light between Oceans」。一月だったか書店で見かけて覚えていたのですが、いつのまにか表紙が変わっていて新版に。映画化されたようですね。

フランス語の本はたくさん読まない私、500ページ以上の長編は「Suite Française」以来でした。本を読んで泣くことはほとんどないのだけど、終盤は涙がとまらなかった。夫婦の、親子の絆とは・・・ 生活や自然の描写も映画的でうつくしいです。




a0317237_2545964.jpg

学校が秋のヴァカンスだったあいだ、パリのグラン・パレで開催中の「エルジェ展」へ行ってきました。


a0317237_2552532.jpg

生き生きとした手書きのデッサン。膨大な資料のなかには、未完におわった「タンタン」の下書きもあって人だかりができていました。


a0317237_256550.jpg

絵を描くのが好きだった少年時代から、すぐれた広告デザイナーでもあったこと、バンド・デシネ(コミック)において革命的であったこと、戦時中の連載など、私ははじめて知るエルジェでした。


a0317237_2564055.jpg

なにより印象的だったのは、小学生から年配の人まで、じつに幅広いひとが熱心に見ていたこと。何十年経っても色あせず、愛されているのですね。


a0317237_259028.jpg

充実した展示に、「タンタン」を何冊も読んでいる息子もおおよろこびでした。




a0317237_2504715.jpg

私はなにもする気がないハロウィンでしたが(笑)、ちいさな子供たちは仮装して村の家をまわっていました。うちのインターホンも何度鳴ったことか。写真は息子がもらってきたカラフルなボンボン(飴やキャラメル)。


a0317237_2513228.jpg

11月1日の諸聖人の祝日、おとずれた墓地は菊であふれて花畑のよう。それをみまもるかのように、ひさしぶりに青空がひろがった日でした。


a0317237_2521458.jpg

ナッツと乾燥いちじくが余っていたので、チョコレートでつつんでおやつに。毎日食べていたらもうなくなってしまったので、またつくろうと思っているところ。


今朝の気温はマイナス2度、いっそうさむくなってきました。太陽が貴重な季節のはじまりです。

とりとめのない記事、さいごまで読んでくださってありがとうございました!



*
[PR]
# by francana | 2016-11-03 07:00 | フランス生活風景 | Comments(12)

冬のはじまり

a0317237_1424289.jpg

今冬はじめてのポテ。ポトフみたいな、体があたたまる鍋料理です。もうそんな季節になってしまいました。


a0317237_143319.jpg

今朝の気温はなんと1度。ダウンのコートとブーツをあわてて用意。



a0317237_1421353.jpg

週末は、友人の誕生日パーティーへ。寒かったけれど、子供たちは午後いっぱい庭であそんで、げんきですねぇ。


a0317237_1453889.jpg

持ち寄りのおいしい料理がたくさんならんで、つい食べすぎてしまった。


a0317237_1462822.jpg

パン屋さんへ注文したという大きなケーキが登場して、大人も子供もみんなでハッピーバースデーの歌を合唱。
正午すぎから集まって、けっきょく19時ごろまでおしゃべりしていました。


a0317237_148084.jpg

私はこのケーキを持参しました。ドーナツ型ではなくて大きいもの。抹茶は初めてという人もいて、口々においしいと言ってもらえて安堵。



a0317237_1493843.jpg

クラシック・カー祭りにも行きました。
黒光りしているのは、戦時中にはレジスタンスの象徴だったシトロエンの前輪駆動です。


a0317237_1504058.jpg

フランス車だけでなく、アメリカ車、ドイツ、イタリア、日本車も。一列になって町をひとまわりして帰ってきます。


a0317237_1513086.jpg

これはフェリックス・ポタンという、今はもうないスーパーのようなお店の配達車という趣向らしい。中にはレトロな缶や瓶がたくさん並んで、凝っていましたよ。


a0317237_1533951.jpg

衣装まで用意していたこの方々。1920年代の車だそう。


a0317237_1543734.jpg

この方面には詳しくないけれど、美しく手入れされた車を見るのはたのしかったですよ。



a0317237_1562771.jpg

こんなに寒くなったのに、まだ夏の野菜がとれます。ズッキーニもおもしろいようにできる。


a0317237_15718.jpg

菜園の収穫を、鶏肉とオーブンで焼いただけの夕食。とろとろの野菜がおいしい。


日がどんどん短くなってきます。まだもうすこし太陽をたのしみたいですが・・・




*
[PR]
# by francana | 2016-10-11 08:00 | フランス生活風景 | Comments(32)

夏と冬のあいだ

a0317237_1881738.jpg

朝起おきると星がかがやいていて、8時ごろに東の空があかるくなってきます。


a0317237_1434655.jpg

だいぶ冷えこんできました。先日は煙突掃除の人が来たりと、冬支度がはじまっています。


a0317237_1435179.jpg

夏のあいだにすっかり乾いたラヴェンダーで、やっとサシェをつくりました。


a0317237_1815520.jpg

まだ暑かったころに焼いた、ベリーとミントのマフィン。夏なんてもう遠いことのように思えるくらい、寒いです。


a0317237_18161399.jpg

ほんとうは昨年のようにスコーンを作りたかったのに、うっかり豆乳をいれすぎてしまい、けっきょくマフィンに(笑)。さっくり焼きあがって満足でしたが・・・


a0317237_1811453.jpg

すこし前に焼いた、りんごと黄桃のタルトレット。
桃は、もうお店から姿を消してしまいました。ぶどうもそろそろ終わりでしょうか。これからはりんごの季節ですね。


a0317237_18121638.jpg

息子といっしょに、いつものグルテンフリーの簡単生地で。果物の下にはりんごのコンポートを敷きました。


a0317237_1813642.jpg

おいしかったので数日後におなじのを作りましたよ。


a0317237_152454.jpg

先日煮たつぶあん、今回は水分がすくなめ。パリで買った日本の切り餅があったのを思い出して、まずはそれといっしょに。


a0317237_1552710.jpg

よもぎ大福にも入れました。よい香り~


a0317237_1584760.jpg

朝ごはんを食べているあいだに、あたりがオレンジ色に染まってきます。
日本は秋晴れの気持ちよい季節ですね。今月末には冬時間になるこちらも、まだしばらく晴れがつづきそうでうれしいです。



*
[PR]
# by francana | 2016-10-06 07:00 | フランス生活風景 | Comments(6)

ノルマンディーのシードル農家と、チーズ工場

a0317237_23493384.jpg

まだ終わっていなかった8月のヴァカンス記、さいごにノルマンディーの食の話を。

この地方にはシードル街道とよばれる道があります。赤いりんごのマークで示されているのがそれ。
周辺にはシードル農家が点在していて、見学できるところがあるのです。


a0317237_23475293.jpg

ブーブロン・オン・オージュの観光案内所ですすめられた農家のひとつを訪ねました。まわりになにもないところで、GPSに緯度と経度をうちこんでようやく見つけたくらい。
石のおおきなすりばちみたいなのは、昔のりんごをつぶすための道具。いまは花壇になっていますね。


a0317237_23531862.jpg

製造工程を説明するビデオを見たあと、現オーナーの奥様が案内してくれました。
シードルはりんごを発酵させてつくる発泡性の軽いお酒。三世代つづくこの農家では、ほかのりんご酒や、りんごジュースもつくっています。


a0317237_23542630.jpg

カーヴにはりんごの甘い匂いがただよっていました。シードルが発酵中の樽のなかには、18世紀のものもあるそう。私の背をゆうに超える大きさです。


a0317237_23554842.jpg

りんごの蒸留酒、カルヴァドスの樽。もちろん蒸留機械の説明もありました。


a0317237_23574022.jpg

充実した見学のさいごは、デギュスタスィオン(テイスティング)。


a0317237_134396.jpg

まずはシードルを飲み比べ。梨のシードル、ポワレも。そしてカルヴァドスの1年物、5年物も試飲(10年物もありました)。息子はりんごジュースをおかわり。


a0317237_0185472.jpg

一口で気に入った琥珀色のポモー。カルヴァドスとりんごの果汁を混ぜてつくる、甘い食前酒です。

けっきょくシードル一箱、ポモーにカルヴァドスも買って帰りました。



a0317237_02914.jpg

リヴァロという村にあるチーズ工場も見学しましたよ。
ここではおなじ名前のリヴァロというチーズのほかに、ポン・レヴェックやカマンベールも作っています。


a0317237_0322511.jpg

手作業だった時代の、チーズ型。


a0317237_0304781.jpg

ずらりと並んだチーズ。これはほんの一部。


a0317237_0323638.jpg

リヴァロの特徴は、ぐるりと巻かれたリボン状のもの。もともとは型崩れをふせぐためだったそう。緑のはスゲで、いまも手作業で巻きつけています。


a0317237_0341894.jpg

ブティックで団体観光客にまじって、チーズとマグネットを購入。息子は試食できるチーズはすべて食べたらしい・・・




a0317237_0484256.jpg

滞在中、歩いてすぐの浜辺には何度も行きました。


a0317237_055367.jpg

波に揺られたり、砂のお城を作ったり、凧揚げをしたり。


a0317237_052426.jpg

白く輝くのは貝殻。思い出にひろってかえりましたよ。


夏を満喫したヴァカンスの話は、これでおしまいです。

朝晩はだいぶ冷えるようになりました。もう暦の上でも秋。いよいよですね・・・




*
[PR]
# by francana | 2016-09-24 07:00 | フランスの旅 | Comments(20)

夏の断片: 今年の人参、ズッキーニとトマト

a0317237_1618469.jpg

ヴァカンスの話はひとやすみして、夏の食卓の話を・・・
こちらでは明日まで暑さがつづく予報。うちの菜園では夏野菜がまだ食べごろです。


a0317237_16202680.jpg

春の長雨がたたってか、トマトがようやく赤くなりはじめたのは8月も下旬になってから。いまは毎日すこしずつ採れます。


a0317237_1621825.jpg

もらったトマトもあわせてサラダを。果肉がやわらかくて、甘くてジューシー。


a0317237_1622482.jpg

ズッキーニもすごく大きくなって毎日とれるように。縞のあるのとないのがある。


a0317237_16235690.jpg

ヴァカンスから帰ってきたときには、男の人の前腕ほどまで大きくなっているのが何本かあった。
そこで巨大ズッキーニのファルシ。ひき肉がなかったのでベーコンと玉ねぎをつめて。


a0317237_1625547.jpg

チーズをぱらぱらかけただけの、シンプルなズッキーニのグラタン。野菜の甘みがたっぷりあるからこれだけでとてもおいしい。


a0317237_1626305.jpg

お客様の日には、なすといっしょに焼きました。


a0317237_16265743.jpg

ズッキーニだけのチヂミ。グルテンフリーで卵なしだから、本物のチヂミとは言えないかな?

まだまだ採れそうなんですけど、あとはなにを作ろうかしら。
ズッキーニをつかったおいしいレシピをご存知でしたら、教えてくださいね。


a0317237_16331236.jpg

こんどは人参。寒かった春のせいであまり育たなかったなんて話も聞くれど、我が家ではたくさんとれました。写真はある日の収穫。


a0317237_16341676.jpg

息子が大好きな、いつもの人参のきんぴらふう(ごぼうがないけれど)。もちろん葉っぱも入れて。


a0317237_16345342.jpg

人参のサラダ、りんごとレーズン入り。サラダに甘いものがあるのはイヤという人もいるけれど、私はこの組み合わせが好き。


a0317237_16362918.jpg

翌日はサラダの残りで、人参炒めごはん。


a0317237_16365869.jpg

人参と玉ねぎとトマトで、これはデミグラスソースというのかな?子供受けがいい味ですね。


a0317237_16434866.jpg

でも息子はやっぱりミートソースがいちばんのお気に入り。人参のみじん切りがたっぷり入っています。
ミートソースはもう何年も、定期的に作ってつねに冷凍してあるメニューのひとつ。スパゲティはバリラのグルテンフリー。


a0317237_16453078.jpg

人参の葉っぱは、今年もふりかけにしました。


a0317237_1653930.jpg

今年は9月になってもいい天気なので、遅めのヴァカンスへでかける年配カップルがけっこういるらしい。
先日は、もうすぐ行ってしまう夏を想って、夏野菜と鶏肉のカレーを。スパイスは自己流だけれど、息子も夫もこれが大好き。


写真が多くなってしまいました~ さいごまで見てくださってありがとうございます!




*
[PR]
# by francana | 2016-09-13 07:00 | フランス生活風景 | Comments(16)

オマハ・ビーチとオック岬

a0317237_4425361.jpg

ヴァカンスの話にもどります。

ノルマンディーといえば、1944年6月6日のD-Day、ノルマンディー上陸作戦を思い出さずにはいられません。
私はジュノ・ビーチへ行ったことがあるだけでしたが、今回オマハ・ビーチを訪れました。写真が多いですがよかったらご覧ください。


a0317237_4464398.jpg

オマハは、連合軍でもっとも多くの死者がでたところ。ここに広大なアメリカ兵の墓地があります(Normandy American Cemetery and Memorial)。見渡すかぎり、ぜんぶで9,387の白い十字架がならんでいます。

見事に刈られた緑の芝生(見学しているあいだにも庭師の車が仕事をしていました)のあいだを自由に歩くことができるので、ひとつひとつ名前や亡くなった日を見ながら進みました。


a0317237_4491739.jpg

このように身元のわからない墓もいくつもありました。
十字架は、どこまで歩いても終わらない。その数の多さに喉がしめつけられるような気がしました。6月初めではなく、7月に亡くなった人がとても多かったように思います。


a0317237_452936.jpg

墓地の前にビジター・センターを見学しました(入場無料)。


a0317237_4552996.jpg

フランスを、ヨーロッパを解放するために戦った兵士たち。


a0317237_4542245.jpg

彼らが身に着けていたお守り。配られた食事やガム、タバコなどの展示も。


a0317237_4565167.jpg

D-dayを三時間ごとに追ったパネル。
映画やドラマで知っていはいたけれど、この場所で見ると、史実がこれほどずっしり重く感じられるとは。


a0317237_4581364.jpg

兵士用のフランス語会話の本。一ヶ月ほど前に見た、戦時中にアメリカ兵と結婚したフランス人女性たちを描いたテレビ映画をおもいだしました。


a0317237_5104615.jpg

モニュメントがある場所。奥の壁にあるのは、連合軍がヨーロッパをどのように進んだかの地図。反対側にはノルマンディー進攻の図が。


a0317237_54663.jpg

チャペルもある広い敷地の、さいごに来たのがここ。壁いちめんに、遺体が見つからなかった兵士たちの名前が刻まれています。1,557名。のちに見つかった人については印がしてありました。


墓地をあとにして、オマハ・ビーチとユタ・ビーチのあいだにあるオック岬(Pointe du Hoc)へむかいました。

a0317237_5132398.jpg

作戦当時、ナチス・ドイツにより強固に武装されていた場所で、連合国にとってここを突破することが最大の難関のひとつでした。
岬の地面にいくつものこる大きな穴は、砲撃によるもの。


a0317237_5224557.jpg

砲台の跡。ほかにいくつもありました。


a0317237_5265965.jpg

ここの攻略に貢献したアメリカ軍第2レンジャー大隊をしのぶ記念碑。


a0317237_5292161.jpg

その足元にあるのは、ドイツ軍の掩体壕(えんたいごう)のひとつ。ノルマンディーからブルターニュあたりまで、海岸沿いにいまでも多数残っています。


a0317237_53133100.jpg

いまはカモメが飛ぶしずかな海。ここの冒頭の写真は、ここから西を眺めた風景です。

けっして遠くない過去に思いを馳せた一日でした。
[PR]
# by francana | 2016-09-08 07:00 | フランスの旅 | Comments(10)

夏の断片: いちごのマフィン、よもぎだんご

a0317237_15404484.jpg

9月になってから朝起きると空がうす暗くて、いやでも夏の終わりを感じます。それでもまだもうすこし半袖の日がつづきそうなのはうれしい。

ノルマンディーの話はひとやすみして、初夏から溜めていたおやつの写真を・・・
冒頭の写真は、いちごとバナナのマフィン。誰もが好きな組みあわせでしょうか。


a0317237_15444295.jpg

これも同じ日だったかな、ルバーブと桃と苺のクランブル。苺の季節はみじかいですね。


a0317237_15462855.jpg

息子とつくったクランブル二種。ベリー類のと、りんごと桃とルバーブの。クランブルのときはたいてい、あまった果物をあつめて焼くだけです。


a0317237_1548694.jpg

季節ではないですが・・・よもぎだんご。乾燥よもぎを手に入れたのでうれしくて。これも息子といっしょにつくりました。いい香りでおいしくて、ぱくぱくとすぐに食べ終わってしまった。


a0317237_1559235.jpg

ヴァカンスから帰ってきてすぐに焼いたもの。常備している、ダークチョコレートとくるみのクッキー。
いつもの材料や台所がないヴァカンスのあいだは、おやつは市販のものですませていました。これがはっきりいっておいしくないのです(笑)。


a0317237_1558271.jpg

ラヴェンダーは、二期目の花を咲かせていました。この花たちも終わりちかい。さびしいですねぇ。




*
[PR]
# by francana | 2016-09-06 07:00 | フランス生活風景 | Comments(11)

ペイ・ド-ジュの村

a0317237_103733.jpg

ノルマンディー地方のなかでも、私たちが滞在した町をふくむ一帯はペイ・ドージュ(Pays d'Auge)と呼ばれています。これはむかしの名前で、現在は「自然区域」としてその名が残ります。
そんなオージュ地方の村をたずねました。


a0317237_1653779.jpg

ブーヴロン・オン・オージュ(Beuvron-en-Auge)を再訪。まえに来たときの記事に写真がたくさんあるので、よかったらそちらもご覧ください。ここここです。

特徴的な木組みの家がならびます。ノルマンディーは木の枠組みに土壁を塗りこんでいるタイプが多いようです。べつの村でしたが、ハンマーで取り壊し中のこうした家を見かけました。


a0317237_1785698.jpg

冒頭の写真のお店は閉まっていました。さすがに観光シーズンだからか一週間だけ。写りこんでいる三角屋根は20世紀に再建された市場。いまはレストランなどが入っています。


a0317237_17103457.jpg

村でみかけた鴨たち。


a0317237_1714631.jpg

端にあるサン・マルタン教会と墓地の入り口。なかには持ち主不明の古いお墓もありました。


a0317237_17151593.jpg

5分も歩けば通り抜けられるくらいの小さな村ですが、観光案内所は大きくてしっかりしています。私たちもそこでいろいろ教えてもらいましたよ。


a0317237_17171154.jpg

お昼時になったので、レストランを探してべつの村へ。
クレーヴクール・オン・オージュ(Crèvecœur-en-Auge)でおいしいお昼ごはんを食べたあと、村のお城を見学しました。
その受付とお土産コーナーを兼ねた建物、あとで気づきましたが冒頭の写真にミニチュアがありますね。この置き物は滞在した町でも見かけて、お店のおじさんによると、すべてノルマンディー地方に実在する家なのだそうです。


a0317237_1723574.jpg

お城では中世の台所などが再現されていました。夏には中世祭りでにぎわうそうだけど、もう終わってしまっていて残念。


ノルマンディーの話、つづきます。




*
[PR]
# by francana | 2016-09-04 07:00 | フランスの旅

夏のノルマンディーへ

a0317237_0565557.jpg

明日から9月ですね。フランスは長いヴァカンスのあとで、新年度がはじまります。

8月も下旬になってからでしたが、ノルマンディーで休暇をすごしました。
折りしもこの夏初めての猛暑がやってきてパリなどは三日間35度以上になったそうです。でも私がすごした海辺は風がきもちよく、さわやかな暑さ。朝は肌寒いくらいで、おもいがけない避暑旅行となりました。


a0317237_0574992.jpg

滞在したのはとある港町。
すぐちかくのビーチを訪れる人は多いのに家のまわりはじつに静かで、聞こえるのはかもめの声ばかり。帰ってきてからあの鳴き声が恋しくなったくらいです。


a0317237_101021.jpg

散歩道沿いの景色。
海にそそぐ川なのですが、通るたびに潮の高さがちがうのをめずらしがって、何度も写真を撮りました。


a0317237_121895.jpg

ロマネスクとゴシックが混ざった教会で、11世紀からの時の流れを感じたり、


a0317237_141421.jpg

15世紀からつかわれている古い市場の、にぎわいにまぎれたり。


a0317237_1519.jpg

カメラをむけたらにこっと微笑んでくれた、チーズとソーセージを売る青年。


a0317237_182261.jpg

ノルマン・コンクエストに百年戦争、ノルマンディーは昔から、イングランドとフランスの戦いの場だったことをあらためて感じたりも。


ヴァカンスの話、つづきます。




*
[PR]
# by francana | 2016-08-31 22:00 | フランスの旅 | Comments(14)