タグ:アロマセラピー ( 6 ) タグの人気記事

マンディアン

a0317237_05431745.jpg

寒くなるとチョコレートがいっそうおいしく感じるのは、私だけでしょうか。

フランスではマンディアン(mendiant)と呼ばれるこのチョコレート、どうして「物乞い」を意味することばが名前なのかしらと思っていました。


a0317237_05515028.jpg

伝統的にチョコレートのうえに載せていたものは四つだけだったそうです。
すなわちドミニコ会のレーズン、聖アウグスチノ会のヘーゼルナッツ、フランシスコ会のいちじく、そしてカルメン会のアーモンド。カトリックの四つの托鉢修道会をあらわしたもので、南仏プロヴァンス地方ではクリスマスに贈る古い習慣があるそうです。


a0317237_05530917.jpg

私の好きなものばかり、ダークチョコレートとドライフルーツとナッツの組み合わせ。とまりません(笑)。


a0317237_05552720.jpg

オレンジピールで、オランジェットも作りましたよ。

砂糖で煮たあと三日間、瓶のなかで漬けておきました。今回はすこし苦味が強いとおもったら、前回は砂糖をまぶしていたんですね。
それから観想する時間をもっと長めにすればよかったというのも反省点。でも、おいしくできました(笑)。


a0317237_18553941.jpg

(写真を一部小さくしました。)
前の記事でもすこし触れたけれど、常備している精油入りスプレー。冬には病気の予防も兼ねてしゅっしゅっ。奥は毎年冬に飲んでいるホメオパシーの薬で、週に一度摂るとインフルエンザが予防できるというもの。

いま息子の学校でインフルエンザが流行していて、欠席者が多いのです。こわいこわい、気をつけよう・・・ 日ごろのアロマセラピーとホメオパシーの効果がありますように・・・


a0317237_18513888.jpg

先日の朝。写真を見て気づいたけれど、50度まで計れるようになっているんですね・・・


a0317237_06053311.jpg
しつこいですがさいごにもう一枚(笑)。こちらは息子の作。ダークもホワイトもスター・ウォーズの型です。




[PR]
by francana | 2017-01-25 07:00 | フランス生活風景 | Comments(26)

冬の必需品

a0317237_1852152.jpg

まいにち灰色の空。しとしと雨がやまないと思ったら、こんどは大寒波がやってくるらしい。
日が沈むのはすこしずつ遅くなってきたけれど、朝は(昼間も)まだ暗くて、からだが太陽不足を感じる今日この頃です。

寒くなると毎日、ティーツリーとユーカリプスのオイルを焚いています。スプレーも作って、でかける前にしゅっと吹きつけて。
ちょっとのどが痛いなと思ったらすぐにホメオパシーの錠剤を舐めると、たいてい治まります。朝はビタミンC補給に緑茶を。


a0317237_20243386.jpg

顔のクリームや化粧水は自分でつくるけれど(材料は買いますが)、ハンドクリームは市販のものに頼っています。成分を見ると、たくさんのものが少しずつ入っているんですね。
もともと乾燥肌の私、湿度のひくいフランスではかなりリッチなクリームでちょうどいい。ヴェレダのハンドクリームを寝る前にたっぷり塗っています。


a0317237_18541377.jpg

12月から紙を折ってばかりいたような気がする。白い窓飾りも、クリスマス前に作りました。
四角い折り紙みたいなのは、息子の誕生日会の招待状。無事に盛況のうちに(笑)おわって、ほっとしたところです。


a0317237_1934850.jpg

ガレット・デ・ロワの季節なので、誕生日ケーキはりんごのガレットにしました。ガレットというよりはタルトですね。パット・フイユテ(パイ生地)をグルテンフリーで作るの、いまだに成功していません(笑)。

王冠も当日の朝につくりました。子供たちへのお土産には、文房具のつめあわせと、つくったチョコレートを。写っているのは女の子用。


a0317237_1962971.jpg

遊びに夢中であまり食べないだろうと、ケーキのほかにはこれだけ。M&M'sで飾ったクッキー、出して次に見たときにはぜんぶ消えていた。
べつの週末に友達の誕生日会に呼ばれたときも、おなじのを焼いてすこし持っていきました。ガレットもクッキーも、いつものグルテンフリーで卵なしです。


a0317237_19741100.jpg

部屋のなかでぬくぬくと元気なヒヤシンス。手前の鉢は、息子がクリスマス前に学校で作ってきました。


a0317237_20354991.jpg

相変わらず、毎日のようにポタージュ。かぼちゃとかぶが意外に合うことがわかりましたよ。


a0317237_18442276.jpg

先日はとうとう雪が降りました。来週はかなり気温が下がるようです。寒さによって水が出なくなるとか電気が止まるとか、そういうのがいちばん心配(苦笑)。

日本でも大雪だとか。みなさまもどうぞお気をつけて・・・!




*
[PR]
by francana | 2017-01-14 21:00 | フランス生活風景 | Comments(16)

チョコレートのドーナツ、フィルハーモニー・ドゥ・パリ

a0317237_17515898.jpg

あわただしくしているうちに、あっというまに11月さいごの日。
先日、おやつに作ったチョコレートドーナツ。あいかわらずグルテンフリーで卵なしです。


a0317237_17545222.jpg

しばらく雨がつづいて灰色の空に気分が落ちこんだけれど、今週からようやく青空がやってきました。それとどうじに本格的な寒さの到来です。


a0317237_17571468.jpg

今朝、窓辺の温度計は氷点下6度をさしていて、そとを歩けば鼻は真っ赤、手袋をしていても指がかじかんでしまう。
体があたたまるポタージュや鍋ものばかり食べています。手軽に野菜がとれるので、子供があそびに来たときにもたいていスープ。子供って、パンをまるめて玉をつくるのが好きですよね(笑)。




a0317237_1885389.jpg

芸術の秋をとおりこしてすでに冬ですが、先日は家族でクラシックのコンサートへ。昨年開館したばかりの、とおくからでも目をひく銀色の建物。パリ北東のシテ・ドゥ・ラ・ミュジックにある、フィルハーモニー・ドゥ・パリです。


a0317237_18102100.jpg

設計はジャン・ヌーヴェル。なかも曲線を多用した、心地よい空間でした。


a0317237_18323532.jpg

子供もたのしめるように工夫されたコンサートは一時間ほどで終了。コメディ・フランセーズ出身の若者ふたりが進行役。大人の私としては、ベートーヴェンをこまぎれにせず通して聞きたかったけれど(笑)。




a0317237_17585645.jpg

菜園でとれたポティマロンはポタージュのほかに、人参、さつまいもといっしょに、ベータカロチンたっぷりのピュレにしたり・・・


a0317237_1845446.jpg

かぼちゃをバルサミコ酢で味つけしたあたたかいサラダにしたり。胡桃を散らして。




a0317237_1817022.jpg

そういえば美術館へも行きました。


a0317237_18173245.jpg

このボッティチェリのフレスコ画は、フィレンツェ近郊の、トルナブオーニ家所有のヴィッラ・レンミにあったものだそう。すこしまえに読んだ、塩野七生の「銀色のフィレンツェ」をおもいだしました。ヴェネツィア、ローマとあわせたこの三部作、大好きです。


a0317237_182287.jpg

本でみた「モナ・リザ」を見たいという息子をつれて展示室へ。でも人だかりに圧倒されて絵どころではなかった(笑)。




a0317237_17531422.jpg

見た目はひどいですが、ご容赦を(笑)。なかにベリーを入れて、しっとりとおいしくできました。

甘いものをもっと載せようとおもったけれど、写真が多くなったのでこのへんで・・・

風邪をひく人がまわりにもふえています。今年もホメオパシーの薬を飲みはじめました。ティーツリーやユーカリプスのオイルをディフューザーでがんがんたいています。

みなさまも寒さにお気をつけくださいね。




*
[PR]
by francana | 2016-11-30 07:00 | フランス生活風景 | Comments(16)

オランジェットとオレンジの飾り

a0317237_227966.jpg

クリスマスのプレゼントが揃いました。これだけでたいぶ気が楽に(笑)。
庭のツタでリースを作ってみました。オレンジとシナモンの、あまい匂いがします。日が暮れてから撮ったので、暗い写真ですみません~


a0317237_1803268.jpg

その前に作ったのはこちら。クリスマスにオレンジとシナモンを飾るのは、幸福をよぶ意味があるのだそうですね。


a0317237_1831081.jpg

オレンジをツリーにも掛けたら、ぱっと明るくなりました。まあるい黄色が太陽みたいです。
昨年はクッキーを焼いて飾りましたが、今年はオレンジだけ。藁の飾りが、あたらしく仲間入り。


つづきも、オレンジの話です。

つづき
[PR]
by francana | 2015-12-19 21:00 | フランス生活風景 | Comments(22)

プロヴァンスの本、アロマセラピー

a0317237_034591.jpg

今日は30度ちかくなってかなりの暑さでしたが、日陰に入りさえすればぐんと涼しく感じるのが、フランスのいいところ。
庭のラヴェンダーはだいぶ色づいてきました。

a0317237_0342774.jpg

もう元気になりましたけれど、このあいだまで家族で順に体調を崩していました(苦笑)。
そんなときに読みたくなる本があって・・・
なぁんだと思われるかもしれませんね(笑)、ピーター・メイルの南仏プロヴァンスの本。

a0317237_034428.jpg

その明るさに癒され、独特のユーモアもたのしく。
日本の実家には単行本がおいてあります。
エッセイはどれも味わい深いし、小説「プロヴァンスの贈りもの」も、読むたびにさわやかな気持ちに。

a0317237_0543138.jpg

先日またバーベキューをやったときに飲んだプロヴァンス地方のロゼが、軽くておいしかったです。
ロゼは南仏のものがいちばんだと思っています。
この日はなすのミントいためが好評で、レシピを聞かれました。酢の物もやっぱり人気でしたよ。


さて、私流のアロマセラピーの話など・・・

つづき
[PR]
by francana | 2015-06-12 07:00 | フランス生活風景 | Comments(12)

はじめての雪

a0317237_1752509.jpg

昨日の朝、今冬はじめての雪が降りました。

a0317237_17541882.jpg

石の壁の植物は、冬も健在。

a0317237_17553424.jpg

苔。と、雑草(笑)。

つづき
[PR]
by francana | 2015-01-20 07:00 | フランス生活風景 | Comments(10)