タグ:乳(乳糖)なし ( 18 ) タグの人気記事

グルテンフリーのシナモンりんごパン、あんパン

a0317237_00514173.jpg

りんごとシナモンのパン、我が家の朝ごはんの定番です。


a0317237_23051864.jpg

シナモンをたっぷり塗って、あらかじめ煮たりんごをごろごろ載せて、巻きます。
ロールがきれいでないけれど(笑)、さっくりした食感で飽きません。


a0317237_23073505.jpg

食パンのほうも変わらず常備しています。
コーンスターチに米粉だけでは硬いパンになってしまうので、三つ目の粉をすこし混ぜています。大豆粉や、フランスではミエ(millet)という雑穀(ひえ、あわ)粉など。



a0317237_23112582.jpg


ちょうど焼きたての食パンがあったので、おやつにする!と息子。はちみつを塗っているところ。
朝ごはんにも、バターやジャムで食べますよ。


a0317237_23124049.jpg

ジャムといえば、先日買ったグアヴァのジャムがおいしいです。
グアヴァは仏領マルティニーク島の名産品なので、本土でもジュースやジャムなどを見かけます。フランス語ではゴヤーヴで、グアヴァだと気づいたのはつい最近。


a0317237_23220156.jpg

あんパンです。作ったのは三回目くらいでしょうかね。


a0317237_23233660.jpg

これは初めて作ったときの写真。生地が妙に厚い(笑)。おいしかったですが・・・


a0317237_23224886.jpg

煮たつぶあんを入れて栗で飾って。今回はだらりと崩れないように型に入れて焼きました。
あんパンにして焼くと、あんが少しぱさつくのですが、これを防ぐにはどうしたらいいのかしら。あんを水分多めに作る?それとも砂糖を多め?・・・


a0317237_23083347.jpg

シナモンとりんごのパン、この日は丸い型で。


a0317237_23253097.jpg

明日から五月。
今週はあまりお天気がよくないですが、庭のフランボワーズ(ラズベリー)が元気です。苺も、うす緑色の実をつけています。




[PR]
by francana | 2017-04-30 08:00 | フランス生活風景 | Comments(14)

夏と冬のあいだ

a0317237_1881738.jpg

朝起おきると星がかがやいていて、8時ごろに東の空があかるくなってきます。


a0317237_1434655.jpg

だいぶ冷えこんできました。先日は煙突掃除の人が来たりと、冬支度がはじまっています。


a0317237_1435179.jpg

夏のあいだにすっかり乾いたラヴェンダーで、やっとサシェをつくりました。


a0317237_1815520.jpg

まだ暑かったころに焼いた、ベリーとミントのマフィン。夏なんてもう遠いことのように思えるくらい、寒いです。


a0317237_18161399.jpg

ほんとうは昨年のようにスコーンを作りたかったのに、うっかり豆乳をいれすぎてしまい、けっきょくマフィンに(笑)。さっくり焼きあがって満足でしたが・・・


a0317237_1811453.jpg

すこし前に焼いた、りんごと黄桃のタルトレット。
桃は、もうお店から姿を消してしまいました。ぶどうもそろそろ終わりでしょうか。これからはりんごの季節ですね。


a0317237_18121638.jpg

息子といっしょに、いつものグルテンフリーの簡単生地で。果物の下にはりんごのコンポートを敷きました。


a0317237_1813642.jpg

おいしかったので数日後におなじのを作りましたよ。


a0317237_152454.jpg

先日煮たつぶあん、今回は水分がすくなめ。パリで買った日本の切り餅があったのを思い出して、まずはそれといっしょに。


a0317237_1552710.jpg

よもぎ大福にも入れました。よい香り~


a0317237_1584760.jpg

朝ごはんを食べているあいだに、あたりがオレンジ色に染まってきます。
日本は秋晴れの気持ちよい季節ですね。今月末には冬時間になるこちらも、まだしばらく晴れがつづきそうでうれしいです。



*
[PR]
by francana | 2016-10-06 07:00 | フランス生活風景 | Comments(6)

夏の断片: いちごのマフィン、よもぎだんご

a0317237_15404484.jpg

9月になってから朝起きると空がうす暗くて、いやでも夏の終わりを感じます。それでもまだもうすこし半袖の日がつづきそうなのはうれしい。

ノルマンディーの話はひとやすみして、初夏から溜めていたおやつの写真を・・・
冒頭の写真は、いちごとバナナのマフィン。誰もが好きな組みあわせでしょうか。


a0317237_15444295.jpg

これも同じ日だったかな、ルバーブと桃と苺のクランブル。苺の季節はみじかいですね。


a0317237_15462855.jpg

息子とつくったクランブル二種。ベリー類のと、りんごと桃とルバーブの。クランブルのときはたいてい、あまった果物をあつめて焼くだけです。


a0317237_1548694.jpg

季節ではないですが・・・よもぎだんご。乾燥よもぎを手に入れたのでうれしくて。これも息子といっしょにつくりました。いい香りでおいしくて、ぱくぱくとすぐに食べ終わってしまった。


a0317237_1559235.jpg

ヴァカンスから帰ってきてすぐに焼いたもの。常備している、ダークチョコレートとくるみのクッキー。
いつもの材料や台所がないヴァカンスのあいだは、おやつは市販のものですませていました。これがはっきりいっておいしくないのです(笑)。


a0317237_1558271.jpg

ラヴェンダーは、二期目の花を咲かせていました。この花たちも終わりちかい。さびしいですねぇ。




*
[PR]
by francana | 2016-09-06 07:00 | フランス生活風景 | Comments(11)

三種のくだものの型なしタルト

a0317237_15564177.jpg

さむい5月です。
土曜日だけは晴れて初夏のような陽気でした。ここぞとばかりに外へでて、菜園やらペンキ塗りやら外の仕事を。子供たちも一日じゅう外で遊んでいましたよ。

そんな日に焼いた、りんごと桃といちごのタルト。グルテン(小麦)、卵、乳糖なし。ここしばらくタルト型を使っていません(笑)。買った桃といちごが甘くなかったのでお菓子にしてしまいました。


a0317237_1557203.jpg

今年はじめてのミントのシロップも作りました。水色の瓶は、ぺルノーのパスティス51のカラフ。


a0317237_1557942.jpg

でも、寒いんですよ~ 今日もまた雨で15度どまり。先週は5度まで下がった朝もありましたよ。


つづきは菜園のようすなど。みなさまアドバイスお願いいたします~

つづき
[PR]
by francana | 2016-05-23 08:00 | フランス生活風景 | Comments(24)

りんごのタルトとケーキ

a0317237_0592134.jpg

3月。あとひと月もしないうちに冬時間がおわるだなんて、心が上向いてきます。

さて、田舎風りんごタルト(tarte aux pommes rustique)。この冬だけで何度焼いたかしら・・・
1月から誕生日会つづきでチョコレート・ケーキばかりだったので、バレンタイン・デーにもこれを作りました。
グルテンフリーのくずれやすい生地も、四角く折るとやぶれにくいことに今さら気づきました(笑)。


a0317237_059378.jpg

この日は息子がぜんぶの工程をお手伝い。生地にしわが・・・(笑)


a0317237_0581126.jpg

こちらは、「昔ながらのりんごケーキ(Gâteau aux pommes à l'ancienne)」というレシピで、材料をそっくり変えて作ったもの。砂糖もだいぶ減らしました。
りんごの切り身を、二段重ねて入れています。


a0317237_0584034.jpg

なぜ昔の、なのかは知らないけれど、シンプルだからかな?
どっしりと重い、やさしい味のケーキで、昔ふうというのも分かる気がする。

つづき
[PR]
by francana | 2016-03-01 07:00 | フランス生活風景 | Comments(26)

チョコレートの焼きドーナツ

a0317237_1912737.jpg

ご無沙汰してしまいました!
仕事やら病院やらお呼ばれやらで忙しくしているうちに、いつのまにか二月。こんな調子では一年もあっという間に過ぎそうでこわいです。

このごろ、こんなドーナツを何度も作っています。揚げないでオーブンで焼く型をやっと見つけたので。
こういうのを焼きドーナツというんですね。いつものようにグルテンフリー、卵なし、乳なしのガトー・オ・ショコラの生地に、ホワイトチョコレートをかけたもの。自画自賛ですが、軽くてしっとりしていて、おいしい。


a0317237_19364856.jpg

製菓用チョコレートのパッケージが、昔ふうで好きです。何枚も使ったあとで気づいたのだけど、ひとかけら毎に10gと書いてある。その横に描かれた製菓用具の絵もかわいい。


a0317237_192574.jpg

一月があわただしかった理由のひとつは、息子の誕生日があったこと。当日は家でこぢんまりと祝って、後日、友達を招いた誕生日会を二回やりました。パーティーのひとつにはこのドーナツも出しましたよ。

つづき
[PR]
by francana | 2016-02-09 07:00 | フランス生活風景 | Comments(24)

スノーボール・クッキー

a0317237_2383987.jpg

冬らしくない、なまぬるい気温の日がつづいていましたが、今週は氷点下になって雪がちらつくかもしれないとのこと。雪だるまをつくりたいなんて息子は言いますが、イル・ド・フランスでそこまで降るかなぁ。

雪といえば、年明けにスノーボール・クッキーを焼きました。グルテンフリー、卵なし、乳なしです。なかには刻んだくるみが入っています。見た目が粗いですね・・・(笑)


a0317237_1740364.jpg

油分の一部は、ココナッツ・オイルにしてみました。すこし前に初めて買ったのですけど、おいしいですね。後味がなんともいい。


a0317237_2383910.jpg

こういうクッキーは失敗するかなと怖かったのですが、ほろほろと崩れるイメージどおりのができました。あっというまになくなりましたよ。


おやついろいろ・・・

つづき
[PR]
by francana | 2016-01-11 07:00 | フランス生活風景 | Comments(20)

冬の色

a0317237_1811989.jpg

昨日はひさしぶりに青空が覗いたので、庭に出て花の球根を植えました。
一時は氷点下まで寒くなったのに、12月とは思えないくらいやわらかな気温がつづいています。そのせいか、庭でひなぎくがすこし咲いていました。球根も本来なら11月までに植えるべきなのでしょうが、今年はまだ大丈夫かなと思って。咲いてくれるでしょうか?


a0317237_1813752.jpg

だんだんモノクロになりつつある村で見かけた、あざやかな色。


a0317237_1821820.jpg

たしかこれは、春から秋には薔薇のような花を咲かせるはず。


最近食べたもの・・・

つづき
[PR]
by francana | 2015-12-11 07:00 | フランス生活風景 | Comments(22)

田舎風りんごタルト

a0317237_23215262.jpg

気づいたら12月。昨年のクリスマスはついこのあいだなのに、もう次のが迫っているなんて、どういうわけでしょう。本気で不思議です。

さて、田舎風りんごタルト。フランス語ではタルト・オ・ポム・リュスティック(tarte aux pommes rustique)。名前のとおり、昔ながらの手作りタルト、という顔。

後日こちらにも載せています。


a0317237_2322772.jpg

10月初めに作って以来、同じタルトをもう6回くらい焼いたかしら。私が添えるのは豆乳クリームです。

つづき
[PR]
by francana | 2015-12-06 08:00 | フランス生活風景 | Comments(18)

ひさしぶりのクレープ、クッキーレシピ改訂版(2)

a0317237_2113855.jpg

週末からがくんと気温が下がって、本格的な冬がはじまりました。朝は氷点下、昨日は雨も風も強くて泣きそうな天気でしたよ・・・

さて、ひさしぶりにクレープを焼きました。息子は大よろこび。
今回の粉は、コーンスターチのほかに、米、大豆、雑穀などを混ぜました。


a0317237_2114610.jpg

ハムや野菜などで食べたあと、私は豆乳クリームとはちみつで。息子は、はちみつかヌテラが定番。
さくっとしてやわらかくて、やっぱりクレープっておいしいですね。
小麦やそば粉のクレープの食感を忘れつつある私です・・・(笑)


グルテンフリーのクッキーのレシピ、またすこし改善してみました。毎回が試作みたいなものですが(笑)、これはおすすめです。


a0317237_212255.jpg


じゃがいもをいれないで作ってみたら、よりいっそう軽く、さくさくになりました。当たり前か(笑)。
形を保てないか心配したのですけれど・・・うまくいきました。ひと手間はぶけるし、今後はこれで作ろうと思います。


私のクッキーのレシピ、改訂版(2)
直径5cmくらいの型で約40枚分

1) 粉210g(コーンスターチ50g、きなこ10g、グルテンフリーの粉150g(ひえ粉、大豆粉、ひよこまめ粉、米粉などを3種くらい))、チョコレートパウダー適量をまぜておく。
2) きび砂糖65gと、乳糖なしマーガリン65g、なたね油少々をまぜる。
3) 1)に、2)を入れて、切るようにまぜる。
5) 刻んだダークチョコレート適量と、刻んだくるみ(またはほかのナッツ)片手一杯くらいを混ぜる。
6) 豆乳をほんの少しずつ加えて、手でつぶすようにまぜ、べたつかない程度の硬さにする。
7) オーブンシート2枚のあいだに生地をはさんで、上から麺棒で5mm程度の厚さにのばす。
8) 型で抜き、175度に余熱したオーブンで15~16分程度焼く。

生地はくっつきやすいので、上記のようにオーブンシートにはさんで伸ばすことをおすすめします。


a0317237_2121267.jpg


じゃがいもを入れたクッキーを比べると割れやすいですが気になりません。翌日もさくさくのままでおいしいですよ。

寒くなってくるとチョコレート味がほしくなります。チョコレートでなくても、お好きなものを入れてくださいね。


*追記

あれこれ粉を集めずとも、コーンスターチ50%、米粉30%、アーモンド粉20%という組み合わせでもおいしく焼けます。
常備しているクッキーの写真はこちらにも載せました。





前回の記事、コメントありがとうございました。
迷いましたが書いてみてよかったです。
人生なにが起こるかわかりませんから・・・一日を大切に、人との縁を大切に、を心がけたいです。




[PR]
by francana | 2015-11-25 07:00 | フランス生活風景 | Comments(12)