タグ:本・写真集 ( 5 ) タグの人気記事

冬時間

a0317237_2494535.jpg

ご無沙汰しております。
日曜日からとうとう冬時間になりました。この日ばかりは一時間得した気分。


a0317237_2523216.jpg

先月、フランス語で「ブリュッセルのキャベツ」と呼ばれる芽キャベツがで始めたころ、野菜のクランブルに。使ったのは、米粉ととうもろこし粉など。ブイヨンを足したほうがしっとりしてよかったなとあとで思いました。


a0317237_2501950.jpg

9月の半ばに菜園で採れたかぼちゃ。こぶりのポティマロンです。その後も花が咲いたのでほうっておいたら実がついたけれど、日照不足のせいかちっぽけなまま色づいています。食べられるまでになるのかしら。


a0317237_2525972.jpg

菜園のトマトとズッキーニはさすがに終わってしまい、もう片付けました。
ズッキーニは10月になってからも採れたので、こんなポタージュを何度もつくりました。じゃがいもと玉ねぎとあわせてすこし水を足すだけの、乳類は入れないどろりとしたスープ。


a0317237_2532233.jpg

人参とかぶのポタージュ。これもぼってりした濃いもの。野菜の甘みがおいしいです。




a0317237_2535433.jpg

読書の秋というわけではないけれど、最近読んだ本。
「Un Secret(ある秘密)」と、「Dora Bruder」はつづけて一気に読みました。どちらも、ナチス・ドイツ占領下のフランスでユダヤ人になにがおきたかが描かれているもの。厚い本ではないけれど、その重さがずっしりとからだにこたえました。

グランベールの自伝的な「Un Secret」。15歳で家族の秘密を知る「私」が大人になってから検挙されたユダヤ人たちの記録をたどる。それは「尋常でない現実の重み」、と書かれています。

「Dora Bruder」のほうは、モディアノの小説家らしい鋭い想像と、自身の体験とが、実際の記録とあわさった巧みな構成。いまもあるパリの通りや郊外の町が、いまでは信じがたいおそろしい史実の舞台でした。淡々と語られますが、読み進めるにつけ胃がしめつけられるような感覚が。
「それまであなたが考えたこともなかった、そしてほんとうの自分とはかけはなれている、おかしなカテゴリーに当てはめられてしまう、理由も知らされずに」。

おなじくモディアノのもう一冊は、え、ここで終わるの?とおもわずつぶやいてしまった、不可思議な後味のある小説。どなたかに解説してもらいたい(笑)。


a0317237_2543079.jpg

こちらもすこしまえに読み終えた小説、英語の原題は「The Light between Oceans」。一月だったか書店で見かけて覚えていたのですが、いつのまにか表紙が変わっていて新版に。映画化されたようですね。

フランス語の本はたくさん読まない私、500ページ以上の長編は「Suite Française」以来でした。本を読んで泣くことはほとんどないのだけど、終盤は涙がとまらなかった。夫婦の、親子の絆とは・・・ 生活や自然の描写も映画的でうつくしいです。




a0317237_2545964.jpg

学校が秋のヴァカンスだったあいだ、パリのグラン・パレで開催中の「エルジェ展」へ行ってきました。


a0317237_2552532.jpg

生き生きとした手書きのデッサン。膨大な資料のなかには、未完におわった「タンタン」の下書きもあって人だかりができていました。


a0317237_256550.jpg

絵を描くのが好きだった少年時代から、すぐれた広告デザイナーでもあったこと、バンド・デシネ(コミック)において革命的であったこと、戦時中の連載など、私ははじめて知るエルジェでした。


a0317237_2564055.jpg

なにより印象的だったのは、小学生から年配の人まで、じつに幅広いひとが熱心に見ていたこと。何十年経っても色あせず、愛されているのですね。


a0317237_259028.jpg

充実した展示に、「タンタン」を何冊も読んでいる息子もおおよろこびでした。




a0317237_2504715.jpg

私はなにもする気がないハロウィンでしたが(笑)、ちいさな子供たちは仮装して村の家をまわっていました。うちのインターホンも何度鳴ったことか。写真は息子がもらってきたカラフルなボンボン(飴やキャラメル)。


a0317237_2513228.jpg

11月1日の諸聖人の祝日、おとずれた墓地は菊であふれて花畑のよう。それをみまもるかのように、ひさしぶりに青空がひろがった日でした。


a0317237_2521458.jpg

ナッツと乾燥いちじくが余っていたので、チョコレートでつつんでおやつに。毎日食べていたらもうなくなってしまったので、またつくろうと思っているところ。


今朝の気温はマイナス2度、いっそうさむくなってきました。太陽が貴重な季節のはじまりです。

とりとめのない記事、さいごまで読んでくださってありがとうございました!



*
[PR]
by francana | 2016-11-03 07:00 | フランス生活風景 | Comments(12)

春のフランスをあとにして・・・

a0317237_159314.jpg

パリの4月、をあつめてみました。


a0317237_1584718.jpg

緑が目に見えてふえていくのに驚かされます。


a0317237_16272913.jpg

まだ朝晩はさむいけれど、晴れていれば、日差しは力強くてあたたかい。
外で食事をする人もちらほらいることでしょう。

つづき
[PR]
by francana | 2016-04-07 07:00 | パリ散歩 | Comments(22)

「文学のある365日」

a0317237_18331529.jpg

今年はこんなカレンダーを置いています。「365日の文学」という、日めくり。
12月にクリスマスのプレゼントを選んでいた書店で見つけました。以前ラパンさんが紹介されていたのを思い出して、そのままレジへ。
曜日は書かれていないので毎年くりかえし使うことができるのです。日ごとに名著からの一節が引用されていて、端にはその日の聖人の名も。


a0317237_17255647.jpg

ひなまつりは過ぎてしまいましたが・・・先日の来客時のちらしずし。海老ものせればよかったとあとで気づきました。右奥にうつっている、かぶとにんじんときゅうりの浅漬けもフランス人に好評でしたよ。

つづき
[PR]
by francana | 2016-03-18 07:00 | フランス生活風景 | Comments(14)

サロン・デュ・リーヴル

a0317237_3225145.jpg

4月ですね。
日本は桜の花と、あたらしい年度の始まり・・・すがすがしい季節ですね。
こちらはまだ冬の装いですけれど。

ところで先月、パリでひらかれた書籍見本市(Salon du Livre)へ行ってきました。
私は初めてでしたが、毎年行かれる方もいらっしゃるのでしょうね。

ちょうどその週末は、イル・ド・フランスの公共交通機関がすべて無料でした。
なぜって、昨春とおなじく、大気汚染が悪化していたからです。

つづき
[PR]
by francana | 2015-04-04 07:00 | パリ散歩 | Comments(8)

「フランス人が好きな村」

a0317237_552321.jpg

クリスマスにこんな本をもらいました。フランス人が選んだ好きな村、44箇所をまとめたものです。

時々ぱらぱら眺めています。こういう写真が美しい大型本は大好き。
タブレットなんかも人並みに活用しますけどね(笑)、やはり「紙」の質感が好きです。


この本の序文にこんな一節があって、今年の初めに読んで大いに共感したところ。

「・・・地方の村にあるすばらしい遺産・・・歴史的、観光的、建築的、そして人間的な魅力は、フランスという国の美しさ、豊かさを再発見させてくれる・・・」

a0317237_5524931.jpg

なんだか使い古された陳腐なせりふのようにも聞こえますけれど・・・これは単純に本当なのでは。

ひとりの外国人に過ぎない私でも、小さな素敵な村を訪れるたびに、あぁフランスも捨てたものではないな、と思うのです。

というのも・・・

つづき
[PR]
by francana | 2014-01-18 08:00 | フランス生活風景 | Comments(6)