タグ:美術館・博物館 ( 9 ) タグの人気記事

オルセー美術館にて

a0317237_01513531.jpg

寒さがすこしずつやわらいできました。長いと思っていた冬もいつのまにか終わりが近づいています。うれしいやら、月日の経つはやさに驚くやら。

さて・・・
みじかい間に二度、オルセー美術館へ行きました。
いずれも子供のアトリエ(単発の教室)に息子が参加するためです。


a0317237_18414866.jpg

アトリエに親は同行しないので、私はひさしびりに館内を見学。大時計に近づいたのは二年半ぶり。


a0317237_18435866.jpg

セーヌ川対岸のルーヴル美術館が臨めます。もとは12世紀までさかのぼるルーヴル宮、今日まで何度も変貌してきた歴史の証人です。


a0317237_18452386.jpg

オルセーはずっと新しく、開館は1986年。
一月末まで30年を記念して、フランスや他国の美術館から作品が貸しだされていました。オレンジの札のがその一枚。サン・ラザール駅を描いたモネの作品が二枚並んで。


a0317237_05153706.jpg

この写真の日は午後だったので、団体旅行者がいなくて館内は穏やかでした。


a0317237_05154902.jpg

カップルが三組。旅行でパリへ来たのかしら。いいですね、ふふ。

印象派の展示室ばかり写っていますが、館内はぐるりと一周しましたよ。


a0317237_05181753.jpg

ちいさなバルコニーからの眺め。
ドーム型の高い天井とつきあたりの大時計は、オルセーが鉄道の駅だったころを思わせます。


a0317237_05211885.jpg

19世紀初め、この場所にはオルセー宮がありました。国務院などとして使われましたが、1871年のパリ・コミューンの際に火災にあいます。
のち1900年の万国博覧会の訪問者をむかえるために、鉄道のオルセー駅がつくられました。天井の装飾をまもるため、蒸気機関車はオーステルリッツ駅どまり。そこから電気機関車につなぎかえられてオルセーまで来ていたそうです。


a0317237_05261751.jpg

その後、長距離電車駅としての機能はなくなり、戦時中はドイツから帰還した捕虜の中継所として使われたことも。シャルル・ド・ゴール大統領の時代にあやうく取り壊されそうになったところを、歴史的建造物に指定されます。そこにルーヴルを補完する美術館をつくろうと考えたのは、ジスカール・デスタン大統領。その計画はミッテラン大統領に引き継がれ、1983年から1986年にかけて工事がおこなわれました。


a0317237_05274491.jpg

点在する彫刻と、ちいさく見える訪問客。オルセーはやはりこの開放感が好きです。


a0317237_05301609.jpg

こちらは5階のレストラン。大時計はきちんと動いているんですよ。針が分を刻むたびに、動いた!と息子。


a0317237_05314774.jpg

ここで食べたのは考えてみれば初めてでした。おいしいサラダでしたよ。


a0317237_05323029.jpg

オルセーやルーヴルはミュージアム・ショップがそれなりの大きさで、書籍も充実しています。ぱらぱらと眺めるだけでしばらく居られる。

子供のアトリエは一年中いろいろなテーマがあって、グループで館内の関連作品を見たあと、制作します。家では出来ないだろうなという作品をつくってくるし、何よりたのしいとのことなので、また参加するでしょう。

美術館という空間が好き、落ち着く・・・と改めて思ったオルセーでした。




[PR]
by francana | 2017-02-21 07:00 | パリ散歩 | Comments(14)

チョコレートのドーナツ、フィルハーモニー・ドゥ・パリ

a0317237_17515898.jpg

あわただしくしているうちに、あっというまに11月さいごの日。
先日、おやつに作ったチョコレートドーナツ。あいかわらずグルテンフリーで卵なしです。


a0317237_17545222.jpg

しばらく雨がつづいて灰色の空に気分が落ちこんだけれど、今週からようやく青空がやってきました。それとどうじに本格的な寒さの到来です。


a0317237_17571468.jpg

今朝、窓辺の温度計は氷点下6度をさしていて、そとを歩けば鼻は真っ赤、手袋をしていても指がかじかんでしまう。
体があたたまるポタージュや鍋ものばかり食べています。手軽に野菜がとれるので、子供があそびに来たときにもたいていスープ。子供って、パンをまるめて玉をつくるのが好きですよね(笑)。




a0317237_1885389.jpg

芸術の秋をとおりこしてすでに冬ですが、先日は家族でクラシックのコンサートへ。昨年開館したばかりの、とおくからでも目をひく銀色の建物。パリ北東のシテ・ドゥ・ラ・ミュジックにある、フィルハーモニー・ドゥ・パリです。


a0317237_18102100.jpg

設計はジャン・ヌーヴェル。なかも曲線を多用した、心地よい空間でした。


a0317237_18323532.jpg

子供もたのしめるように工夫されたコンサートは一時間ほどで終了。コメディ・フランセーズ出身の若者ふたりが進行役。大人の私としては、ベートーヴェンをこまぎれにせず通して聞きたかったけれど(笑)。




a0317237_17585645.jpg

菜園でとれたポティマロンはポタージュのほかに、人参、さつまいもといっしょに、ベータカロチンたっぷりのピュレにしたり・・・


a0317237_1845446.jpg

かぼちゃをバルサミコ酢で味つけしたあたたかいサラダにしたり。胡桃を散らして。




a0317237_1817022.jpg

そういえば美術館へも行きました。


a0317237_18173245.jpg

このボッティチェリのフレスコ画は、フィレンツェ近郊の、トルナブオーニ家所有のヴィッラ・レンミにあったものだそう。すこしまえに読んだ、塩野七生の「銀色のフィレンツェ」をおもいだしました。ヴェネツィア、ローマとあわせたこの三部作、大好きです。


a0317237_182287.jpg

本でみた「モナ・リザ」を見たいという息子をつれて展示室へ。でも人だかりに圧倒されて絵どころではなかった(笑)。




a0317237_17531422.jpg

見た目はひどいですが、ご容赦を(笑)。なかにベリーを入れて、しっとりとおいしくできました。

甘いものをもっと載せようとおもったけれど、写真が多くなったのでこのへんで・・・

風邪をひく人がまわりにもふえています。今年もホメオパシーの薬を飲みはじめました。ティーツリーやユーカリプスのオイルをディフューザーでがんがんたいています。

みなさまも寒さにお気をつけくださいね。




*
[PR]
by francana | 2016-11-30 07:00 | フランス生活風景 | Comments(16)

秋のはじまり

a0317237_14423100.jpg

朝は10度以下と、かなり冷え込むようになりました。7時をすぎるまで外は真っ暗です。
このまま冬までまっしぐらに転がり落ちそうなのを、まぁそんなに急がなくてもいいじゃないのと、季節がつぶやいているような。

先月ルーヴルへ寄ったら、さすがに観光シーズン、地上も地下も長い行列でした、というのが上の写真。


a0317237_1442297.jpg

8月のパリをあつめてみました。

つづき
[PR]
by francana | 2015-09-09 07:00 | パリ散歩 | Comments(8)

進化の大ギャラリーとユダの木

a0317237_1461450.jpg

博物館をでると、目のまえに大きなユダの木がありました。
そういえば今年の春は、まだ咲いているのを見ていなかった。
思いがけないよろこびでした。

a0317237_147493.jpg

この日はパリ植物園のなかにある、進化の大ギャラリー(Grande Galerie de l'Évolution)へ行ったのです。

つづき
[PR]
by francana | 2015-05-09 07:00 | パリ散歩 | Comments(18)

リュクサンブール美術館で印象派を

a0317237_233498.jpg

二ヶ月も前のことなのですが、ふらりとリュクサンブール美術館に行きました。
リュクサンブール公園のなかにある、企画展ばかりの美術館です。

たまたま前を通ったら、行きたいと思ってメモしておいた(のをすっかり忘れていた・笑)、印象派の展覧会がやっているではありませんか。
しかも会期は翌日まで。これも縁かしらと、ちかくでお昼を食べてから戻りました。


興味のある方はつづきをどうぞ!

つづき
[PR]
by francana | 2015-04-19 07:00 | パリ散歩 | Comments(10)

建築でまわるルーヴル美術館 後編

a0317237_175504.jpg

リシュリュー翼の地上階には、吹き抜けのひろびろとした空間がひろがっています。
ルーヴルのなかでは、もっとも明るく開放的な場所ではないでしょうか。

a0317237_1861451.jpg

ここは「ピュジェの中庭」。その名は17世紀の彫刻家、ピエール・ピュジェにちなむらしい。
点々とたたずむ彫刻が、心なしか気持ちよさそう。

おもにギリシア神話を題材にしたこうした彫像、以前はあまり気に留めなかったのですが、その魅力がわかってきたような・・・気がします。
この場所のせいかもしれません。
たとえばチュイルリー公園に置かれている像を見ても、それほど生きた迫力を感じないのです。公園に失礼ですね。でもルーヴルのこの空間が、完璧なひきたて役なのかもしれない、なんて思いました。

つづき
[PR]
by francana | 2015-02-25 07:00 | パリ散歩 | Comments(14)

建築でまわるルーヴル美術館 中編

a0317237_001134.jpg

ルーヴル美術館の話、つづきです。
ドゥノン翼にある赤い展示室には、19世紀フランス絵画の大型のものが並んでいます。
この棟はナポレオン3世の命によって建てられました。

a0317237_082755.jpg

東西にのびる部屋のまんなかにあるのが、四角い「ドゥノンの間」。
二階分ほどある高い天井には、フランスの四人の君主とナポレオン3世が描かれています。

a0317237_115090.jpg

ここはお土産コーナーでもあるんですよ。

つづき
[PR]
by francana | 2015-02-20 07:00 | パリ散歩 | Comments(8)

建築でまわるルーヴル美術館 前編

a0317237_4571820.jpg

なにを隠そう、パリの美術館のなかではルーヴルがいちばん好きです。

若いころはそうではなかったのです。苦手とまではいかないけれど、あの巨大さに気おされたのか、歴史ある建物を暗く感じたのか、あるいは歩きまわって疲れたのか・・・(笑)

でもいつからか、ひろびろとした空間を心地よく思うようになり、重々しさを程よいと感じるようになり・・・
年とともに好みって変わるものですね。

年始早々、ひさしぶりにルーヴルへ。
入場無料の日に、ふらりと行ってきましたよ。

パリの美術館は、毎月第一日曜日は入場が無料になります。
すべての美術館かどうかは知りませんが、ルーヴルは10月から3月まで、オルセーなど他の多くは毎月、無料の日があるのです。


つづき
[PR]
by francana | 2015-02-17 07:00 | パリ散歩 | Comments(16)

バラのある美術館

a0317237_14475592.jpg

もう1ヶ月半ほど前のことになりますが・・・

パリのロダン美術館の庭。
いつかバラの季節に行きたいと思っていて、やっと叶いました。
いつでも行けると思っていると、つい先延ばしになりますね(笑)。

長くなってしまったので、よかったら写真だけでもご覧くださいね。


現在の美術館になっているのは、18世紀前半に建てられたビロン館。
20世紀はじめから様々な芸術家が滞在しましたが、ロダンも晩年の1908年からここにアトリエを構えました。

つづき
[PR]
by francana | 2014-06-27 07:00 | パリ散歩 | Comments(20)