タグ:食卓 ( 43 ) タグの人気記事

ポム、ポム

a0317237_19090849.jpg

薔薇の花びらのようなりんごのタルトレット。
載せたお菓子はすべて、いつものようにグルテンフリーで卵なしです。


a0317237_19123304.jpg

焦げました(笑)。意外に簡単なのですね、冬の間に何度かつくりました。


a0317237_19174264.jpg

ポム(pomme)とはフランス語で、りんごのことです。もとはラテン語のpomumで「木に生る種のある果物」を意味することばだったそうです。

古代ラテン語ではmalum、そこからイタリア語のmelaなどが派生。
もうひとつ、古代ケルト語のabluがガリア語のafalになり、その系列が英語のappleやドイツ語のapfel。以上wikipediaより。
語源っておもしろいですね。


a0317237_19283941.jpg

りんごはお菓子だけでなく、豚肉とも相性がいいですよね。これは初めて作った料理。
豚のリブを、野菜やりんごの皮といっしょにシードルにひと晩漬けておきます。シナモンとアニス、ブーケ・ガルニ(ローリエ、タイム、ローズマリー)も入れて。


a0317237_19303559.jpg

翌日に、オーブンでゆっくり焼きます。

お肉がとろけるように柔らかく、りんごとシナモン、ハーブの混ざった風味がなんともいえないおいしさ。皮をマリネに使ったりんごは別にバターでソテーして、添えて食べます。
あっという間にできる一皿ではないけれど、手間だけの価値はあります。


a0317237_19140474.jpg

先日はひさしぶりに、りんごのクランブルを。ベリー類も入れて華やかに。


a0317237_19150961.jpg

軽いのですぐになくなりますね。とても簡単で、間違いのないおいしさ。


a0317237_19491018.jpg

抹茶とりんごのケーキは、呼ばれた先へ持参。
パウンドケーキ型は普段あまり使わなくて、人のために作る時がほとんどです。小さい一口大のは家にとっておく用に。


a0317237_19204645.jpg

先日リュクサンブール公園で、果樹園のよこを通りました。テレビで紹介されていたのを見たばかりだったので、ここにあったのかと。700種類以上のりんごと梨が伝統的な枝固定法で植えられていて、古い種を保存するのが目的だそうです。


秋から春まで、りんごを食べる季節は長いです。



[PR]
by francana | 2017-03-22 07:00 | フランス生活風景 | Comments(16)

冬の必需品

a0317237_1852152.jpg

まいにち灰色の空。しとしと雨がやまないと思ったら、こんどは大寒波がやってくるらしい。
日が沈むのはすこしずつ遅くなってきたけれど、朝は(昼間も)まだ暗くて、からだが太陽不足を感じる今日この頃です。

寒くなると毎日、ティーツリーとユーカリプスのオイルを焚いています。スプレーも作って、でかける前にしゅっと吹きつけて。
ちょっとのどが痛いなと思ったらすぐにホメオパシーの錠剤を舐めると、たいてい治まります。朝はビタミンC補給に緑茶を。


a0317237_20243386.jpg

顔のクリームや化粧水は自分でつくるけれど(材料は買いますが)、ハンドクリームは市販のものに頼っています。成分を見ると、たくさんのものが少しずつ入っているんですね。
もともと乾燥肌の私、湿度のひくいフランスではかなりリッチなクリームでちょうどいい。ヴェレダのハンドクリームを寝る前にたっぷり塗っています。


a0317237_18541377.jpg

12月から紙を折ってばかりいたような気がする。白い窓飾りも、クリスマス前に作りました。
四角い折り紙みたいなのは、息子の誕生日会の招待状。無事に盛況のうちに(笑)おわって、ほっとしたところです。


a0317237_1934850.jpg

ガレット・デ・ロワの季節なので、誕生日ケーキはりんごのガレットにしました。ガレットというよりはタルトですね。パット・フイユテ(パイ生地)をグルテンフリーで作るの、いまだに成功していません(笑)。

王冠も当日の朝につくりました。子供たちへのお土産には、文房具のつめあわせと、つくったチョコレートを。写っているのは女の子用。


a0317237_1962971.jpg

遊びに夢中であまり食べないだろうと、ケーキのほかにはこれだけ。M&M'sで飾ったクッキー、出して次に見たときにはぜんぶ消えていた。
べつの週末に友達の誕生日会に呼ばれたときも、おなじのを焼いてすこし持っていきました。ガレットもクッキーも、いつものグルテンフリーで卵なしです。


a0317237_19741100.jpg

部屋のなかでぬくぬくと元気なヒヤシンス。手前の鉢は、息子がクリスマス前に学校で作ってきました。


a0317237_20354991.jpg

相変わらず、毎日のようにポタージュ。かぼちゃとかぶが意外に合うことがわかりましたよ。


a0317237_18442276.jpg

先日はとうとう雪が降りました。来週はかなり気温が下がるようです。寒さによって水が出なくなるとか電気が止まるとか、そういうのがいちばん心配(苦笑)。

日本でも大雪だとか。みなさまもどうぞお気をつけて・・・!




*
[PR]
by francana | 2017-01-14 21:00 | フランス生活風景 | Comments(16)

Bonne année !

a0317237_1864393.jpg

ボナネ!あけましておめでとうございます。
2017年になりましたね。フランスではあっけなく新しい年がはじまってしまって、どうも実感がわかないのですが・・・
みなさまにとって明るく幸せな一年となりますように。

冒頭の写真は、クリスマスに焼いたチーズとバジルのクッキーです。次々に手が伸びてすぐになくなってしまいました。


a0317237_18550100.jpg

年末の30日から元日にかけて、窓の外はみごとに真っ白でした。雪が降ったわけではなくて、氷点下がつづいたためです。いまはもう凍っていた景色は溶けて、ただの灰色にもどってしまいましたけど(笑)。


a0317237_19193729.jpg

年末の食卓を載せましょうか・・・
クリスマスに食べたシャポン(去勢鶏)。低めの温度でじっくりと、ジューシーでおいしく焼けました。栗のピュレときのこを添えて。


a0317237_2274825.jpg

シャンパンを何本もあけて、ノエルはおだやかに過ごすことができました。
無事に終わってほっとした・・・と思ったら、家族が順に体調を崩して。そんなわけで大晦日の誘いもことわって家でのんびり(だらだら)していました。


a0317237_19205247.jpg

これもクリスマスのアペリティフ、ブーダン・ノワール(豚の血のソーセージ)とりんごのマフィン。クッキーもこちらも、グルテンフリーで卵なしです。
けっきょく行けなかった年末のパーティー用にもたくさん焼いてしまったので、冷凍。いますこしずつ解凍して食べています。


a0317237_221167.jpg

元日も特別なことはなく、野菜のポタージュなどで胃腸を休めました。フォアグラは食べましたけどね。一羽丸ごとの鳥類とともに、年末には欠かせない食材です。


a0317237_2253245.jpg

スモーク・サーモンとイクラもこの時期ばかりは売り場に山積み。
お節?・・・ 我が家は誰も食べないからと、作ったことがありません・・・ でも息子のリクエストでお餅だけは、煮ておいたあんこといっしょに食べましたよ。


a0317237_19185234.jpg

この冬の飾りは、りんごとシナモンにしました。いい香りです。クリスマスぎりぎりに作って、もう片づけてしまったツリーにもかけていけました。春までは部屋にのこしておくつもりです。


a0317237_22134692.jpg

今日から学校も始まって日常が再開しました。まいにち空が暗いし日は短いしで・・・すでに春が待ち遠しいです。


昨年はご縁あって、拙いブログにたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2017年がすばらしい一年となりますように!




*
[PR]
by francana | 2017-01-03 21:00 | フランス生活風景 | Comments(32)

冬時間

a0317237_2494535.jpg

ご無沙汰しております。
日曜日からとうとう冬時間になりました。この日ばかりは一時間得した気分。


a0317237_2523216.jpg

先月、フランス語で「ブリュッセルのキャベツ」と呼ばれる芽キャベツがで始めたころ、野菜のクランブルに。使ったのは、米粉ととうもろこし粉など。ブイヨンを足したほうがしっとりしてよかったなとあとで思いました。


a0317237_2501950.jpg

9月の半ばに菜園で採れたかぼちゃ。こぶりのポティマロンです。その後も花が咲いたのでほうっておいたら実がついたけれど、日照不足のせいかちっぽけなまま色づいています。食べられるまでになるのかしら。


a0317237_2525972.jpg

菜園のトマトとズッキーニはさすがに終わってしまい、もう片付けました。
ズッキーニは10月になってからも採れたので、こんなポタージュを何度もつくりました。じゃがいもと玉ねぎとあわせてすこし水を足すだけの、乳類は入れないどろりとしたスープ。


a0317237_2532233.jpg

人参とかぶのポタージュ。これもぼってりした濃いもの。野菜の甘みがおいしいです。




a0317237_2535433.jpg

読書の秋というわけではないけれど、最近読んだ本。
「Un Secret(ある秘密)」と、「Dora Bruder」はつづけて一気に読みました。どちらも、ナチス・ドイツ占領下のフランスでユダヤ人になにがおきたかが描かれているもの。厚い本ではないけれど、その重さがずっしりとからだにこたえました。

グランベールの自伝的な「Un Secret」。15歳で家族の秘密を知る「私」が大人になってから検挙されたユダヤ人たちの記録をたどる。それは「尋常でない現実の重み」、と書かれています。

「Dora Bruder」のほうは、モディアノの小説家らしい鋭い想像と、自身の体験とが、実際の記録とあわさった巧みな構成。いまもあるパリの通りや郊外の町が、いまでは信じがたいおそろしい史実の舞台でした。淡々と語られますが、読み進めるにつけ胃がしめつけられるような感覚が。
「それまであなたが考えたこともなかった、そしてほんとうの自分とはかけはなれている、おかしなカテゴリーに当てはめられてしまう、理由も知らされずに」。

おなじくモディアノのもう一冊は、え、ここで終わるの?とおもわずつぶやいてしまった、不可思議な後味のある小説。どなたかに解説してもらいたい(笑)。


a0317237_2543079.jpg

こちらもすこしまえに読み終えた小説、英語の原題は「The Light between Oceans」。一月だったか書店で見かけて覚えていたのですが、いつのまにか表紙が変わっていて新版に。映画化されたようですね。

フランス語の本はたくさん読まない私、500ページ以上の長編は「Suite Française」以来でした。本を読んで泣くことはほとんどないのだけど、終盤は涙がとまらなかった。夫婦の、親子の絆とは・・・ 生活や自然の描写も映画的でうつくしいです。




a0317237_2545964.jpg

学校が秋のヴァカンスだったあいだ、パリのグラン・パレで開催中の「エルジェ展」へ行ってきました。


a0317237_2552532.jpg

生き生きとした手書きのデッサン。膨大な資料のなかには、未完におわった「タンタン」の下書きもあって人だかりができていました。


a0317237_256550.jpg

絵を描くのが好きだった少年時代から、すぐれた広告デザイナーでもあったこと、バンド・デシネ(コミック)において革命的であったこと、戦時中の連載など、私ははじめて知るエルジェでした。


a0317237_2564055.jpg

なにより印象的だったのは、小学生から年配の人まで、じつに幅広いひとが熱心に見ていたこと。何十年経っても色あせず、愛されているのですね。


a0317237_259028.jpg

充実した展示に、「タンタン」を何冊も読んでいる息子もおおよろこびでした。




a0317237_2504715.jpg

私はなにもする気がないハロウィンでしたが(笑)、ちいさな子供たちは仮装して村の家をまわっていました。うちのインターホンも何度鳴ったことか。写真は息子がもらってきたカラフルなボンボン(飴やキャラメル)。


a0317237_2513228.jpg

11月1日の諸聖人の祝日、おとずれた墓地は菊であふれて花畑のよう。それをみまもるかのように、ひさしぶりに青空がひろがった日でした。


a0317237_2521458.jpg

ナッツと乾燥いちじくが余っていたので、チョコレートでつつんでおやつに。毎日食べていたらもうなくなってしまったので、またつくろうと思っているところ。


今朝の気温はマイナス2度、いっそうさむくなってきました。太陽が貴重な季節のはじまりです。

とりとめのない記事、さいごまで読んでくださってありがとうございました!



*
[PR]
by francana | 2016-11-03 07:00 | フランス生活風景 | Comments(12)

冬のはじまり

a0317237_1424289.jpg

今冬はじめてのポテ。ポトフみたいな、体があたたまる鍋料理です。もうそんな季節になってしまいました。


a0317237_143319.jpg

今朝の気温はなんと1度。ダウンのコートとブーツをあわてて用意。



a0317237_1421353.jpg

週末は、友人の誕生日パーティーへ。寒かったけれど、子供たちは午後いっぱい庭であそんで、げんきですねぇ。


a0317237_1453889.jpg

持ち寄りのおいしい料理がたくさんならんで、つい食べすぎてしまった。


a0317237_1462822.jpg

パン屋さんへ注文したという大きなケーキが登場して、大人も子供もみんなでハッピーバースデーの歌を合唱。
正午すぎから集まって、けっきょく19時ごろまでおしゃべりしていました。


a0317237_148084.jpg

私はこのケーキを持参しました。ドーナツ型ではなくて大きいもの。抹茶は初めてという人もいて、口々においしいと言ってもらえて安堵。



a0317237_1493843.jpg

クラシック・カー祭りにも行きました。
黒光りしているのは、戦時中にはレジスタンスの象徴だったシトロエンの前輪駆動です。


a0317237_1504058.jpg

フランス車だけでなく、アメリカ車、ドイツ、イタリア、日本車も。一列になって町をひとまわりして帰ってきます。


a0317237_1513086.jpg

これはフェリックス・ポタンという、今はもうないスーパーのようなお店の配達車という趣向らしい。中にはレトロな缶や瓶がたくさん並んで、凝っていましたよ。


a0317237_1533951.jpg

衣装まで用意していたこの方々。1920年代の車だそう。


a0317237_1543734.jpg

この方面には詳しくないけれど、美しく手入れされた車を見るのはたのしかったですよ。



a0317237_1562771.jpg

こんなに寒くなったのに、まだ夏の野菜がとれます。ズッキーニもおもしろいようにできる。


a0317237_15718.jpg

菜園の収穫を、鶏肉とオーブンで焼いただけの夕食。とろとろの野菜がおいしい。


日がどんどん短くなってきます。まだもうすこし太陽をたのしみたいですが・・・




*
[PR]
by francana | 2016-10-11 08:00 | フランス生活風景 | Comments(32)

夏と冬のあいだ

a0317237_1881738.jpg

朝起おきると星がかがやいていて、8時ごろに東の空があかるくなってきます。


a0317237_1434655.jpg

だいぶ冷えこんできました。先日は煙突掃除の人が来たりと、冬支度がはじまっています。


a0317237_1435179.jpg

夏のあいだにすっかり乾いたラヴェンダーで、やっとサシェをつくりました。


a0317237_1815520.jpg

まだ暑かったころに焼いた、ベリーとミントのマフィン。夏なんてもう遠いことのように思えるくらい、寒いです。


a0317237_18161399.jpg

ほんとうは昨年のようにスコーンを作りたかったのに、うっかり豆乳をいれすぎてしまい、けっきょくマフィンに(笑)。さっくり焼きあがって満足でしたが・・・


a0317237_1811453.jpg

すこし前に焼いた、りんごと黄桃のタルトレット。
桃は、もうお店から姿を消してしまいました。ぶどうもそろそろ終わりでしょうか。これからはりんごの季節ですね。


a0317237_18121638.jpg

息子といっしょに、いつものグルテンフリーの簡単生地で。果物の下にはりんごのコンポートを敷きました。


a0317237_1813642.jpg

おいしかったので数日後におなじのを作りましたよ。


a0317237_152454.jpg

先日煮たつぶあん、今回は水分がすくなめ。パリで買った日本の切り餅があったのを思い出して、まずはそれといっしょに。


a0317237_1552710.jpg

よもぎ大福にも入れました。よい香り~


a0317237_1584760.jpg

朝ごはんを食べているあいだに、あたりがオレンジ色に染まってきます。
日本は秋晴れの気持ちよい季節ですね。今月末には冬時間になるこちらも、まだしばらく晴れがつづきそうでうれしいです。



*
[PR]
by francana | 2016-10-06 07:00 | フランス生活風景 | Comments(6)

夏の断片: 今年の人参、ズッキーニとトマト

a0317237_1618469.jpg

ヴァカンスの話はひとやすみして、夏の食卓の話を・・・
こちらでは明日まで暑さがつづく予報。うちの菜園では夏野菜がまだ食べごろです。


a0317237_16202680.jpg

春の長雨がたたってか、トマトがようやく赤くなりはじめたのは8月も下旬になってから。いまは毎日すこしずつ採れます。


a0317237_1621825.jpg

もらったトマトもあわせてサラダを。果肉がやわらかくて、甘くてジューシー。


a0317237_1622482.jpg

ズッキーニもすごく大きくなって毎日とれるように。縞のあるのとないのがある。


a0317237_16235690.jpg

ヴァカンスから帰ってきたときには、男の人の前腕ほどまで大きくなっているのが何本かあった。
そこで巨大ズッキーニのファルシ。ひき肉がなかったのでベーコンと玉ねぎをつめて。


a0317237_1625547.jpg

チーズをぱらぱらかけただけの、シンプルなズッキーニのグラタン。野菜の甘みがたっぷりあるからこれだけでとてもおいしい。


a0317237_1626305.jpg

お客様の日には、なすといっしょに焼きました。


a0317237_16265743.jpg

ズッキーニだけのチヂミ。グルテンフリーで卵なしだから、本物のチヂミとは言えないかな?

まだまだ採れそうなんですけど、あとはなにを作ろうかしら。
ズッキーニをつかったおいしいレシピをご存知でしたら、教えてくださいね。


a0317237_16331236.jpg

こんどは人参。寒かった春のせいであまり育たなかったなんて話も聞くれど、我が家ではたくさんとれました。写真はある日の収穫。


a0317237_16341676.jpg

息子が大好きな、いつもの人参のきんぴらふう(ごぼうがないけれど)。もちろん葉っぱも入れて。


a0317237_16345342.jpg

人参のサラダ、りんごとレーズン入り。サラダに甘いものがあるのはイヤという人もいるけれど、私はこの組み合わせが好き。


a0317237_16362918.jpg

翌日はサラダの残りで、人参炒めごはん。


a0317237_16365869.jpg

人参と玉ねぎとトマトで、これはデミグラスソースというのかな?子供受けがいい味ですね。


a0317237_16434866.jpg

でも息子はやっぱりミートソースがいちばんのお気に入り。人参のみじん切りがたっぷり入っています。
ミートソースはもう何年も、定期的に作ってつねに冷凍してあるメニューのひとつ。スパゲティはバリラのグルテンフリー。


a0317237_16453078.jpg

人参の葉っぱは、今年もふりかけにしました。


a0317237_1653930.jpg

今年は9月になってもいい天気なので、遅めのヴァカンスへでかける年配カップルがけっこういるらしい。
先日は、もうすぐ行ってしまう夏を想って、夏野菜と鶏肉のカレーを。スパイスは自己流だけれど、息子も夫もこれが大好き。


写真が多くなってしまいました~ さいごまで見てくださってありがとうございます!




*
[PR]
by francana | 2016-09-13 07:00 | フランス生活風景 | Comments(16)

夏の断片: 野菜とバーベキュー、ハンバーガーとピザ

a0317237_04415572.jpg
7月からお客さまがつづいて、その度にテラスでバーベキューをしていました。


a0317237_04431692.jpg
定番の、夏野菜のティアン。

初めて新しい編集画面で書いています。写真のサイズを調整できないようですね。大きくてすみません~


a0317237_04445485.jpg
アペリティフ用に、ひと晩漬けたヒヨコマメと赤ピーマンのディップ。好評でほっとしました。市販のとうもろこしのクラッカーを添えて。


a0317237_04463336.jpg
バーベキューはらくちんですね。野菜料理をすこし用意して、あとはお肉を焼くだけ。
太陽がうごくにつれてパラソルも位置を変えて、夕方までおしゃべり。


a0317237_05345018.jpg
葉っぱ野菜を食べるようになると、夏の訪れを感じます。・・・なんてもう8月のなかばなのに、遅いですね(笑)。


a0317237_05382993.jpg
この日のお客様はハンバーガーにしました。ひとりひとり好きなようにはさんで。息子と私には、グルテンフリーのまるいパンをささっと焼きました。

a0317237_05462225.jpg
庭のズッキーニがようやく採れるようになりました。シンプルに焼くと甘みがあるのがよくわかります。


a0317237_05405173.jpg
さいごに、ひさしぶりに焼いたグルテンフリーのピザ。トマトソースに、ハムと茄子。かりかりとした生地でおいしかったです。塩味のきいた、大人向けの味。


だんだん日がみじかくなって、夏のおわりが近づいているのを感じます。夕食のあとで庭にいると、一ヶ月前よりも確実に早く薄暗くなってきます。さびしいです・・・



[PR]
by francana | 2016-08-15 07:00 | フランス生活風景 | Comments(20)

グルテンフリーのパン

a0317237_17463956.jpg

庭のローズマリーと、チーズをいれたパン。思いつきで作ったわりにはおいしくできました。


a0317237_17464358.jpg

黒ごまもすこし入れてしまいました。塩気がきいているので、そのまま食べてもいいくらい。

グルテンフリーの手作りパン、何十回も焼いているうちにすこしずつ要領がつかめてきた気がします。

つづき
[PR]
by francana | 2016-06-05 08:00 | フランス生活風景 | Comments(18)

「文学のある365日」

a0317237_18331529.jpg

今年はこんなカレンダーを置いています。「365日の文学」という、日めくり。
12月にクリスマスのプレゼントを選んでいた書店で見つけました。以前ラパンさんが紹介されていたのを思い出して、そのままレジへ。
曜日は書かれていないので毎年くりかえし使うことができるのです。日ごとに名著からの一節が引用されていて、端にはその日の聖人の名も。


a0317237_17255647.jpg

ひなまつりは過ぎてしまいましたが・・・先日の来客時のちらしずし。海老ものせればよかったとあとで気づきました。右奥にうつっている、かぶとにんじんときゅうりの浅漬けもフランス人に好評でしたよ。

つづき
[PR]
by francana | 2016-03-18 07:00 | フランス生活風景 | Comments(14)