タグ:Normandie ( 11 ) タグの人気記事

ノルマンディーのシードル農家と、チーズ工場

a0317237_23493384.jpg

まだ終わっていなかった8月のヴァカンス記、さいごにノルマンディーの食の話を。

この地方にはシードル街道とよばれる道があります。赤いりんごのマークで示されているのがそれ。
周辺にはシードル農家が点在していて、見学できるところがあるのです。


a0317237_23475293.jpg

ブーブロン・オン・オージュの観光案内所ですすめられた農家のひとつを訪ねました。まわりになにもないところで、GPSに緯度と経度をうちこんでようやく見つけたくらい。
石のおおきなすりばちみたいなのは、昔のりんごをつぶすための道具。いまは花壇になっていますね。


a0317237_23531862.jpg

製造工程を説明するビデオを見たあと、現オーナーの奥様が案内してくれました。
シードルはりんごを発酵させてつくる発泡性の軽いお酒。三世代つづくこの農家では、ほかのりんご酒や、りんごジュースもつくっています。


a0317237_23542630.jpg

カーヴにはりんごの甘い匂いがただよっていました。シードルが発酵中の樽のなかには、18世紀のものもあるそう。私の背をゆうに超える大きさです。


a0317237_23554842.jpg

りんごの蒸留酒、カルヴァドスの樽。もちろん蒸留機械の説明もありました。


a0317237_23574022.jpg

充実した見学のさいごは、デギュスタスィオン(テイスティング)。


a0317237_134396.jpg

まずはシードルを飲み比べ。梨のシードル、ポワレも。そしてカルヴァドスの1年物、5年物も試飲(10年物もありました)。息子はりんごジュースをおかわり。


a0317237_0185472.jpg

一口で気に入った琥珀色のポモー。カルヴァドスとりんごの果汁を混ぜてつくる、甘い食前酒です。

けっきょくシードル一箱、ポモーにカルヴァドスも買って帰りました。



a0317237_02914.jpg

リヴァロという村にあるチーズ工場も見学しましたよ。
ここではおなじ名前のリヴァロというチーズのほかに、ポン・レヴェックやカマンベールも作っています。


a0317237_0322511.jpg

手作業だった時代の、チーズ型。


a0317237_0304781.jpg

ずらりと並んだチーズ。これはほんの一部。


a0317237_0323638.jpg

リヴァロの特徴は、ぐるりと巻かれたリボン状のもの。もともとは型崩れをふせぐためだったそう。緑のはスゲで、いまも手作業で巻きつけています。


a0317237_0341894.jpg

ブティックで団体観光客にまじって、チーズとマグネットを購入。息子は試食できるチーズはすべて食べたらしい・・・




a0317237_0484256.jpg

滞在中、歩いてすぐの浜辺には何度も行きました。


a0317237_055367.jpg

波に揺られたり、砂のお城を作ったり、凧揚げをしたり。


a0317237_052426.jpg

白く輝くのは貝殻。思い出にひろってかえりましたよ。


夏を満喫したヴァカンスの話は、これでおしまいです。

朝晩はだいぶ冷えるようになりました。もう暦の上でも秋。いよいよですね・・・




*
[PR]
by francana | 2016-09-24 07:00 | フランスの旅 | Comments(20)

オマハ・ビーチとオック岬

a0317237_4425361.jpg

ヴァカンスの話にもどります。

ノルマンディーといえば、1944年6月6日のD-Day、ノルマンディー上陸作戦を思い出さずにはいられません。
私はジュノ・ビーチへ行ったことがあるだけでしたが、今回オマハ・ビーチを訪れました。写真が多いですがよかったらご覧ください。


a0317237_4464398.jpg

オマハは、連合軍でもっとも多くの死者がでたところ。ここに広大なアメリカ兵の墓地があります(Normandy American Cemetery and Memorial)。見渡すかぎり、ぜんぶで9,387の白い十字架がならんでいます。

見事に刈られた緑の芝生(見学しているあいだにも庭師の車が仕事をしていました)のあいだを自由に歩くことができるので、ひとつひとつ名前や亡くなった日を見ながら進みました。


a0317237_4491739.jpg

このように身元のわからない墓もいくつもありました。
十字架は、どこまで歩いても終わらない。その数の多さに喉がしめつけられるような気がしました。6月初めではなく、7月に亡くなった人がとても多かったように思います。


a0317237_452936.jpg

墓地の前にビジター・センターを見学しました(入場無料)。


a0317237_4552996.jpg

フランスを、ヨーロッパを解放するために戦った兵士たち。


a0317237_4542245.jpg

彼らが身に着けていたお守り。配られた食事やガム、タバコなどの展示も。


a0317237_4565167.jpg

D-dayを三時間ごとに追ったパネル。
映画やドラマで知っていはいたけれど、この場所で見ると、史実がこれほどずっしり重く感じられるとは。


a0317237_4581364.jpg

兵士用のフランス語会話の本。一ヶ月ほど前に見た、戦時中にアメリカ兵と結婚したフランス人女性たちを描いたテレビ映画をおもいだしました。


a0317237_5104615.jpg

モニュメントがある場所。奥の壁にあるのは、連合軍がヨーロッパをどのように進んだかの地図。反対側にはノルマンディー進攻の図が。


a0317237_54663.jpg

チャペルもある広い敷地の、さいごに来たのがここ。壁いちめんに、遺体が見つからなかった兵士たちの名前が刻まれています。1,557名。のちに見つかった人については印がしてありました。


墓地をあとにして、オマハ・ビーチとユタ・ビーチのあいだにあるオック岬(Pointe du Hoc)へむかいました。

a0317237_5132398.jpg

作戦当時、ナチス・ドイツにより強固に武装されていた場所で、連合国にとってここを突破することが最大の難関のひとつでした。
岬の地面にいくつものこる大きな穴は、砲撃によるもの。


a0317237_5224557.jpg

砲台の跡。ほかにいくつもありました。


a0317237_5265965.jpg

ここの攻略に貢献したアメリカ軍第2レンジャー大隊をしのぶ記念碑。


a0317237_5292161.jpg

その足元にあるのは、ドイツ軍の掩体壕(えんたいごう)のひとつ。ノルマンディーからブルターニュあたりまで、海岸沿いにいまでも多数残っています。


a0317237_53133100.jpg

いまはカモメが飛ぶしずかな海。ここの冒頭の写真は、ここから西を眺めた風景です。

けっして遠くない過去に思いを馳せた一日でした。
[PR]
by francana | 2016-09-08 07:00 | フランスの旅 | Comments(10)

ペイ・ド-ジュの村

a0317237_103733.jpg

ノルマンディー地方のなかでも、私たちが滞在した町をふくむ一帯はペイ・ドージュ(Pays d'Auge)と呼ばれています。これはむかしの名前で、現在は「自然区域」としてその名が残ります。
そんなオージュ地方の村をたずねました。


a0317237_1653779.jpg

ブーヴロン・オン・オージュ(Beuvron-en-Auge)を再訪。まえに来たときの記事に写真がたくさんあるので、よかったらそちらもご覧ください。ここここです。

特徴的な木組みの家がならびます。ノルマンディーは木の枠組みに土壁を塗りこんでいるタイプが多いようです。べつの村でしたが、ハンマーで取り壊し中のこうした家を見かけました。


a0317237_1785698.jpg

冒頭の写真のお店は閉まっていました。さすがに観光シーズンだからか一週間だけ。写りこんでいる三角屋根は20世紀に再建された市場。いまはレストランなどが入っています。


a0317237_17103457.jpg

村でみかけた鴨たち。


a0317237_1714631.jpg

端にあるサン・マルタン教会と墓地の入り口。なかには持ち主不明の古いお墓もありました。


a0317237_17151593.jpg

5分も歩けば通り抜けられるくらいの小さな村ですが、観光案内所は大きくてしっかりしています。私たちもそこでいろいろ教えてもらいましたよ。


a0317237_17171154.jpg

お昼時になったので、レストランを探してべつの村へ。
クレーヴクール・オン・オージュ(Crèvecœur-en-Auge)でおいしいお昼ごはんを食べたあと、村のお城を見学しました。
その受付とお土産コーナーを兼ねた建物、あとで気づきましたが冒頭の写真にミニチュアがありますね。この置き物は滞在した町でも見かけて、お店のおじさんによると、すべてノルマンディー地方に実在する家なのだそうです。


a0317237_1723574.jpg

お城では中世の台所などが再現されていました。夏には中世祭りでにぎわうそうだけど、もう終わってしまっていて残念。


ノルマンディーの話、つづきます。




*
[PR]
by francana | 2016-09-04 07:00 | フランスの旅

夏のノルマンディーへ

a0317237_0565557.jpg

明日から9月ですね。フランスは長いヴァカンスのあとで、新年度がはじまります。

8月も下旬になってからでしたが、ノルマンディーで休暇をすごしました。
折りしもこの夏初めての猛暑がやってきてパリなどは三日間35度以上になったそうです。でも私がすごした海辺は風がきもちよく、さわやかな暑さ。朝は肌寒いくらいで、おもいがけない避暑旅行となりました。


a0317237_0574992.jpg

滞在したのはとある港町。
すぐちかくのビーチを訪れる人は多いのに家のまわりはじつに静かで、聞こえるのはかもめの声ばかり。帰ってきてからあの鳴き声が恋しくなったくらいです。


a0317237_101021.jpg

散歩道沿いの景色。
海にそそぐ川なのですが、通るたびに潮の高さがちがうのをめずらしがって、何度も写真を撮りました。


a0317237_121895.jpg

ロマネスクとゴシックが混ざった教会で、11世紀からの時の流れを感じたり、


a0317237_141421.jpg

15世紀からつかわれている古い市場の、にぎわいにまぎれたり。


a0317237_1519.jpg

カメラをむけたらにこっと微笑んでくれた、チーズとソーセージを売る青年。


a0317237_182261.jpg

ノルマン・コンクエストに百年戦争、ノルマンディーは昔から、イングランドとフランスの戦いの場だったことをあらためて感じたりも。


ヴァカンスの話、つづきます。




*
[PR]
by francana | 2016-08-31 22:00 | フランスの旅 | Comments(14)

ノルマンディーの思い出: かわいらしい村のつづき

a0317237_672774.jpg

ブーヴロン・オン・オージュ村のつづきです。
土地産の食品やセンスのよい雑貨を売るお店が何軒かあるので、買い物をするのもたのしそうです。

a0317237_557331.jpg

かごを並べてあるのが目をひいた、雑貨と食品のお店。

ここでお土産を買ったら、レジ奥に「フィガロ・ジャポン」のノルマンディー特集号が貼ってありました。表紙はなんとこのお店。そういえば観光案内所のトイレは日本語でも表示があったので、日本人の方がけっこう来るのかなぁなんて思ったのですが・・・

最近、日本人向けツアーも組まれていると知りました。モンサンミッシェルとノルマンディーの村観光、というような。この村のほかに、私が後から訪れた(ブログに載せたのは先ですが)ボーモン・オン・オージュ村も選択肢に入っているみたい。日本の観光ビジネスは余すところなし、という感じですね・・・(笑)

つづき
[PR]
by francana | 2013-10-09 07:00 | フランスの旅 | Comments(4)

ノルマンディーの思い出: かわいらしい村 sanpo

a0317237_546269.jpg

昨春の旅のつづきです。
行ったのは、ブーヴロン・オン・オージュ村(Beuvron-en-Auge)。

ここは「フランスで最も美しい村」のひとつ。
現在156の村が格付けされていて、いくつか条件があります。人口は二千人以下であること、歴史的建造物や遺産が最低二つあって保護されていること、など。

ブーヴロン・オン・オージュの住人は260人くらいだそう。想像通りの、かわいらしい村でした。

a0317237_5403981.jpg

村のまんなかにある木組みの三角屋根の建物。アンティーク屋さんやレストランが入っています。
レストランの外に積んである薪までどこか小道具の一部のように見えましたよ。

後から知ったのですが、このレストランはミシュラン一つ星なのだとか。隣にはかわいらしい旅館もあるんですよ。この建物自体、1975年に別の村から解体して運んできたのだそう。

つづき
[PR]
by francana | 2013-10-07 07:00 | フランスの旅 | Comments(2)

ノルマンディーの思い出: カブールの海など

a0317237_2274975.jpg

今回は昨春のノルマンディー旅行のことを書きますね。
短い旅行だったので大した予定は組まなかったのですが、せっかくだから海を見に行こう!とカブールへ向かいました。

a0317237_22103343.jpg

春だというのにほんとうに寒くて、くもりだったのは残念。散歩する人は皆こんな格好。
それでも潮の匂いと開放感は、たいそう心地よかったです。

つづき
[PR]
by francana | 2013-10-06 07:00 | フランスの旅 | Comments(4)

ノルマンディー旅行: ボーモン・オン・オージュ村

a0317237_0395135.jpg

あっというまに10月ですね。先週は夏が戻ってきたパリ近郊も、ふたたび秋。つめたい雨がつづいています。

ところで、昨秋のノルマンディー旅行のつづきを。

この地方のよいところは、パリ近郊から近いこと。
場所にもよりますがパリからは200~230kmくらいで、車で気軽に行ける距離。それで昔からノルマンディーには、多くのパリジャンが別荘を持っているわけですね。

フランス人はヴァカンスとなると、どこへでも車で行ってしまいます。パリから南仏やアルプス、果てはイタリアまで。私はイタリアくらい遠かったら列車がいいけれど・・・

a0317237_0431521.jpg

旅の最後に、ボーモン・オン・オージュ(Beaumont-en-Auge)という小さな村に立ち寄りました。名前は直訳すると、「オージュ地方の美しい山」とでもいいましょうか。

つづき
[PR]
by francana | 2013-10-01 09:00 | フランスの旅 | Comments(4)

ノルマンディー旅行: ジュノ・ビーチ

a0317237_2395271.jpg

昨秋のノルマンディー旅行のつづきです。

この日はジュノ・ビーチへむかいました。
このあたりは1944年6月6日のノルマンディー上陸作戦の舞台となった浜がつらなっています。スウォード、ジュノ、ゴールド、そしてオマハ、ユタ・・・作戦のコードネームがそのまま地名として残っています。
写真は、ナチス・ドイツ軍の砲台跡。

初めはあまり気乗りがしなかったのですが、やはり見ておくべきとも思うし・・・行ってみました。結果、行ってよかったです。

a0317237_23105133.jpg

目的地は、ジュノ・ビーチにある博物館「Centre Juno Beach」。奥の銀色の建物です。
外には連合国軍の戦車なども展示されていました。

つづき
[PR]
by francana | 2013-09-30 07:00 | フランスの旅 | Comments(2)

ノルマンディー旅行: 港町オンフルール sanpo

a0317237_18411881.jpg

昨年のちょうど今頃の、ノルマンディー旅行の記録です。

この日は港町オンフルール(Honfleur)へ。
港を臨んで細長い建物がきゅうくつそうにならんでいます。奥行きは長いのでしょうかね。
ちょっとアムステルダムを連想してしまいました(アムステルダムはずっと暗い印象でしたが)。

a0317237_18421861.jpg

私がこの町の名を知ったのはモネの絵のタイトルにあったから。オンフルールといえば印象派というイメージでした。
いまや当時の面影は少ないかもしれないけれど、それでも絵心(というより写真心?)を刺激される町でしたよ。

つづき
[PR]
by francana | 2013-09-29 07:00 | フランスの旅 | Comments(4)